殿堂入り高津氏と古田氏の友情  知られざる10年前の“裏引退試合”― スポニチ Sponichi Annex 野球

 野球殿堂入りを果たしたヤクルト・高津臣吾監督の引退試合は2012年9月22日、新潟県長岡市の悠久山球場で行われた。当時43歳で、BCリーグ・新潟の選手兼監督。セレモニーには古田敦也氏も駆けつけた。そ...

ツイッターのコメント(11)

泣いた😭😭😭😭😭😭
泣いた😭色んな人に愛し愛されひたむきにやって来たのが報われたと思うと胸がいっぱいになります。
ずっと、気になってた。
ちゃんとやってたんですね✨
ほんとよくヤクルトに戻ってきてくれたなー✨
あの頃、嬉しくてブルペンの高津コーチばっかり見てたな笑
殿堂入りで高津さんの記事色々出てるけどこの裏引退試合のが一番好きかもしれん
こんなん泣く😭古田さんの引退試合が最後となってしまった神宮での“黄金バッテリー”を、たかっちゃんの気持ちを昇華するため‥と実現に尽力した仲間の思いが熱く、優しい。
この裏引退試合に集まってくれた人達のおかげで、高津さんはヤクルトから冷たい態度で出されたにも関わらず、ヤクルトへの想いを繋ぎ止めてくれて、15年のリーグ優勝や21年の日本一に繋がるわけだ。野村監督の「人を遺すを上とする」教えがここでも活きた訳だ。
高津さん2012年に神宮で裏引退試合されてたんだ…。良いエピソードだな☺️
野球に興味のない私を夢中にさせたのが、二人がいたヤクルトでした。
めちゃくちゃいい話でワロタ
突然の戦力外。上層部が決めた事なんだけどヤクルト自体が嫌いになり暫く神宮へ行かなかった。もう二度とヤクルトのユニフォームを着てくれることはないと思ってたから今が本当に嬉しい!そしてどんな時もそばに居る古田の存在。この絆にも感謝!✨
え〜〜〜〜〜何このめちゃくちゃ血が沸き立つような話〜〜超好き〜〜〜
以上
 
PR
PR