投手陣再建しか致しません!巨人・桑田コーチが“ドクターK”に、ストライク率12球団最低を「治療」― スポニチ Sponichi Annex 野球

 投手陣再建へ、ドクターKが立ち上がる。巨人の桑田真澄投手チーフコーチ(53)が17日、ジャイアンツ球場で行われた秋季練習を視察。今オフ、補佐から昇格した同コーチは、最大の課題に「制球力」を挙げた。今...

ツイッターのコメント(3)

それを言うなら『スーパードクターK』でしょw
◆特にファーストストライクを自信がないからストライクを投げ込めないor集中力が散漫でボール…さらにプレッシャーがかかり次もボール…と言うパターン。
球は速くすることはわかってきたが、コントロールは難しい。けど、日本は捕手が四隅に動いて構え過ぎだよ。コマンド能力ないんだから!
以上
 
PR
PR