日本ハム・栗山監督 「栗の樹ファーム」から始まった10年間の歩み 「ここに来ていなければ…」― スポニチ Sponichi Annex 野球

 北の大地でのラストゲーム。北海道の10年間をサヨナラ勝ちで締めくくり、日本ハム・栗山監督は「本当に長い間ありがとうございました」と感謝した。10年という月日の重みが詰まった言葉だった。

ツイッターのコメント(3)

栗の樹ファームに行ったのはSHINJOのラストシーズンの夏だから、15年も前か。今はどうか知らないけど、当時は100本ぐらいある名選手達のバットの数々を素手で握れるプロ野球ファン涎ものの施設なので、是非一度は行くべき。
栗山監督とは誕生日が1日違い。
50代のこの10年、良い事以上に大変な事が多かったと思います。
60代は?
自分はまだ全然引退できない…

 「ここに来ていなければ…」― スポニチ Sponichi Annex 野球
「ここに来ていなければ…」
以上
 
PR
PR