TOP > スポーツ > 【落合博満氏、特別評論】日本シリーズ第1戦 巨人・菅野を襲った4連敗の呪縛― スポニチ Sponichi Annex 野球

【落合博満氏、特別評論】日本シリーズ第1戦 巨人・菅野を襲った4連敗の呪縛― スポニチ Sponichi Annex 野球

 現役時代はプロ野球史上唯一となる3度の3冠王に輝き、監督としても中日を4度リーグ優勝に導いた落合博満氏(66)が、日本シリーズ第1戦を鋭く分析した。ソフトバンクが快勝した一戦で、巨人・菅野の投球に着...

ツイッターのコメント(27)

落合さんは、2年連続4タテの結末をどう見ただろうか。
落合博満氏、巨人・菅野智之の投球に指摘「4連敗の呪縛が力みに」
野球よく分からない私でも頷く。
落合さんすごい!
真っ直ぐがあれだけ通用していないとダメだね。余程変化するボールでもないと抑えられない。
4連敗濃厚だ。
おもしろいなぁ落合さんの評論。
落合さん「全般的に菅野はボールが高かった。その高めの球を山本貴則球審がストライクに取ってくれた。この高さがボールと判定されていたらおそらくもっと低めを意識して投げるよう修正していただろう。でも、高めがストライクになる。だから修正しないまま投げてしまった。」
落合さんの視点がおもしろい…!!
”全般的に菅野はボールが高かった。スピードは出ていてもコントロールがいまイチ。その高めの球を山本貴則球審がストライクに取ってくれた。この高さがボールと判定されていたら、おそらくもっと低めを意識して投げるよう修正していただろう。”

落合の目の付け所面白いな
最悪でも4勝2敗でソフトバンクだな。個人的にはソフトバンクには4連勝して欲しいけどさ。初戦は1失点したのが残念。千賀滉大投手には完封して欲しかった。
審判のちょっとした妙で、試合丸ごと変わることもあるんだなあ…◆
ただストライク先行ならば良いってわけではないのな。深い。
>高めの球を山本貴則球審がストライクに取ってくれた。この高さがボールと判定されていたら、おそらくもっと低めを意識して投げるよう修正していただろう。菅野はそれだけの修正能力を持っている投手だ。でも、高めがストライクになる。だから修正しないまま投げてしまった
> まだ一概にソフトバンク有利とは言えない。第2戦以降、巨人投手陣がどれだけソフトバンク打線を抑えられるか。まずは第2戦が大きな比重を占めるだろう。
さすが的確な評論ですわ☝️
なるほど。→
落合おまえもか!

落合さんともあろう人も、例に漏れずいまのホークスを、パリーグを知らないのか?千賀だけがホークスのピッチャーではないよ。
読めてしまった😅
「シーズン最終戦から中6日。万全の調整だったはずだが、昨年からの「呪縛」を断ち切らないとという思いが力みにつながったんじゃないかな」
説得力あるなー

全般的に菅野はボールが高かった。高めがストライクになる。だから修正しないまま投げてしまった。
さすが、オチコメ。
やっぱり面白い目線だよなぁ!菅野の高目を取る事に「配慮」があったか?はわからないが裏目に出た訳だ。優秀すぎる投手ゆえの陥穽だね。いや落合さんには野球の世界に帰ってきて欲しいなぁ。
落合博満氏、巨人・菅野智之の投球に指摘「4連敗の呪縛が力みに」 菅野は力んでいるように見えた。スピードは出ても切れを欠き、力んだ分だけスライダーも速くなって曲がりきらない。そのスライダーを、2回に栗原に2ランされた。菅野はその栗原一人にやられたようなものだ。
日本はいつまで老害の主観解説を垂れ流しするんだ!だからメジャーに差をつけられていることに気づかないのか!
【SMBC日本シリーズ2020第1戦   ソフトバンク5―1巨人 ( 2020年11月21日    京セラD )】
これ以上の解説ないでしょ。分かり易く的確過ぎ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR