TOP > スポーツ > 慶大野球部の新たな挑戦 学生球界では異例の「アナリスト」部門新設― スポニチ Sponichi Annex 野球

慶大野球部の新たな挑戦 学生球界では異例の「アナリスト」部門新設― スポニチ Sponichi Annex 野球

 今秋東京六大学野球はお互いに優勝をかけた早慶戦となり、早大の優勝で幕を閉じた。

ツイッターのコメント(10)

慶応アナリストでもうダメやったw
慶大 野球部がアナリスト部門新設

相当やり甲斐あるやろうな。
明確な目的持ったデータ解析に取り組めるのはすごく良い。

下世話だけど、就職にも有利だろうし。
1人くらいスタッフとしてスワローズに来てくれないかな。給料は決して高くなさそうだけど、やり甲斐MAX!
今後、高校や大学の野球部で、「アナリスト」が独立した役職として認知されるのでは。
選手や指導者、ケア部門ともは異なる形で競技と関わる人が増えるのも、ある意味、競技人口増加に重要なポイントかも。プレーするだけがスポーツじゃない。
ペイトリオッツのKraft Analytics Groupみたいな仕事はいつかしたいw
こういう動きは今後色々な場所で生まれていくだろうな。
こういうのはいいね→
慶應の野球部って常々先を走るな
鬼嶋さんもいいけど林元助監督の解説がいちばん好き笑
 学生球界では異例の「アナリスト」部門新設(スポニチアネックス)
へー、面白いねえ! やってみたかったな。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR