TOP > スポーツ > 東尾修氏 西武・浜屋に感じた先発としての高い資質 右肩が生命線、スピードには走らず質を高めてほしい― スポニチ Sponichi Annex 野球

東尾修氏 西武・浜屋に感じた先発としての高い資質 右肩が生命線、スピードには走らず質を高めてほしい― スポニチ Sponichi Annex 野球

 【東尾修 視点】初先発の西武新人・浜屋はいいところを出せていた。先発投手としての資質の高さが感じられた。

ツイッターのコメント(14)

「特にけん制は抜群で、久しぶりにけん制のうまい投手を見た。」「足の上げ方、目の使い方、あごの使い方、どれもうまいし考えられている。外崎や源田が一塁上でアップアップしていた。塁上に釘付けにするスキルが高い。」

小島様、牽制をかなり褒められてる👏👏👏
右肩が生命線、スピードには走らず質を高めてほしい(スポニチアネックス)
流石は東尾さんって内容の記事だ。
浜谷頑張れよ!
ライオンズナイター解説してくださった
東尾修さん!
トンビ大絶賛やないか
さすが東尾さん✨
いいコメントしてますね

内海先輩から学んだチェンジアップの話もいい‼️

明日は内海先輩が見本の投球見せますよ❣️

今日は無四死球も素晴らしい❗️
今日のライオンズナイターでもおっしゃってましたね☺️
質のいい球でこれからも頑張ってほしいな浜屋くん。
ソフトバンク・和田のように、右肩の開きを押さえてうまく使い、球の出所が見にくい。加えて速球の切れもあった。
ソフトバンク・和田のように、右肩の開きを押さえてうまく使い、球の出所が見にくい。加えて速球の切れもあった。球速以上に威力を発揮する真っすぐが軸となった。
「浜屋は内海からチェンジアップを教わったと聞くし、同じタイプのいい先輩もいる。」
「急速は追い求めないこと」がポイントなんだねなるほど🤔
「若く経験のない先発投手を見る上で、ポイントがいくつかある。まず初回立ち上がり。走者を背負った場面。リードしていれば勝利投手の権利が懸かる5回」
ライオンズナイター内でも絶賛していた小島の牽制術についてもコメントしています
(東尾修氏)和田毅のように右肩の開きを押さえてうまく使い、球の出所が見にくい。加えて速球の切れもあった。ロッテ打線が初見だったことを差し引いても、球速以上に威力を発揮する真っすぐが軸となった。おかげでフォークとチェンジアップを有効に使えていた。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR