TOP > スポーツ > 野手の公式戦登板、巨人では71年ぶり珍事 当時の監督は知将・三原修氏― スポニチ Sponichi Annex 野球

野手の公式戦登板、巨人では71年ぶり珍事 当時の監督は知将・三原修氏― スポニチ Sponichi Annex 野球

 巨人の増田大輝内野手が6日、阪神7回戦(甲子園)で0―11の7回1死からプロ初登板し、打者3人に1四球を与えただけで無失点に抑えた。...

ツイッターのコメント(11)

これ。巨人でも前例があるのに
なぜ、批判するのか?

後、一部有名芸能人の阪神ファンの人が
今回の件で舐めている!とか
怒ってるけど逆でしょ?

確かに巨人側が大勝していてやったら
?だけど、大敗してるんだから。

By:ロードス
堀内の「巨人の伝統」論が否定されるwww

 当時の監督は知将・三原修氏 - スポニチ Sponichi Annex 野球
気付けば徳島県出身選手の初登板記事も(笑)。ちなみに小松島高校時代の彼は「投手」兼遊撃手でした。
伝統しっかり守ってるじゃんw
巨人では三原修監督が指揮を執っていた1リーグ時代の49年4月8日中日戦で外野手の野草義輝が7回から2イニングを投げて以来71年ぶりとなった
見てる:
2リーグ制後では増田大が初
「巨人軍はそんなチームじゃない」と某OBがお怒りだったようですが、流石そこは長い歴史を持つジャイアンツ。前例はしっかりありました、と。
ビンゴ。やっぱ五十嵐章人。
全ポジションやったのは五十嵐章人と日ハム高橋博士の2人のみですしね。
ああ五十嵐章人がいるか
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR