TOP > スポーツ > 田沢 BC初登板で1回2K零封!日本での公式戦は4269日ぶり 最速152キロ― スポニチ Sponichi Annex 野球

田沢 BC初登板で1回2K零封!日本での公式戦は4269日ぶり 最速152キロ― スポニチ Sponichi Annex 野球

 レッドソックスなどで活躍し、独立リーグのルートインBCリーグ埼玉に入団した田沢純一投手(34=前レッズ)が31日、栃木戦(熊谷)に2番手で登板し、6回の1イニングを投げて無安打無失点。2三振を奪って三者凡退に抑えた。最速は152キロだった。日本での公式戦登板は、新日本石油ENEOS時代の08年11月22日、社会人野球・日本選手権準決勝のJR東海戦以来...

ツイッターのコメント(13)

仕方ないと思う。自分で承知でやったこと。可哀想なんて意見はありえない。ここはアメリカではない。
 最速152キロ (スポーツニッポン) - LINE NEWS
田澤追放ルール
田澤村八分ルール

消えて亡くなれ

 最速152キロ― スポニチ Sponichi Annex 野球
最速152キロ
152キロ出てたんだ
田沢ルール。こういうのって時代錯誤では。無いのが一番いいけどせめて契約条件とか金銭で解決できるようにしてあげるべき。
 最速152キロ― スポニチ Sponichi Annex 野球
さすが‼️
 最速152キロ(スポニチアネックス)
最速152キロ(スポニチアネックス)
最速147キロ え、まだこんなルールあるの。アホやな日本球界。
「日本での公式戦登板は新日本石油ENEOS時代の08年11月22日、社会人野球日本選手権準決勝のJR東海戦以来」

2008年の都市対抗決勝、田澤がコールされた時の歓声が忘れられない

 最速147キロ― スポニチ Sponichi Annex
最速147キロ― スポニチ Sponichi Annex 野球
日本での公式戦登板は、新日本石油ENEOS時代の08年11月22日、社会人野球・日本選手権準決勝のJR東海戦以来、4269日ぶりとなった。
日本での公式戦登板は、新日本石油ENEOS時代の08年11月22日、社会人野球・日本選手権準決勝のJR東海戦以来、4269日ぶりとなった
以上
 

いま話題のニュース

PR