TOP > スポーツ > 23年開業 日本ハム、夢の新球場 日本初開閉式の天然芝球場 既成概念を覆す構成とは――― スポニチ Sponichi Annex 野球

23年開業 日本ハム、夢の新球場 日本初開閉式の天然芝球場 既成概念を覆す構成とは――― スポニチ Sponichi Annex 野球

 23年の開業を目指し、今月1日に北海道北広島市で着工した日本ハムの新球場「エスコンフィールド北海道」の計画の新たな一端が判明した。形状は左右非対称で右中間がやや狭くなり、外野両翼にブルペンを設置。野球観戦以外にも楽しむエリアを充実させる。「つくろう。世界がまだ見ぬエスコンフィールドを。」「つくろう。これまでにないスポーツ観戦の形を。」をコンセ...

ツイッターのコメント(33)

ほんと楽しみ
ワクワクが止まらん!
全部完成するのは開場から20年かかるのか…20年間毎年通い続けて少しずつ「あー去年とはここが変わったなー」ってするのが楽しみ
私は狭くて選手が近くに見える球場が好きなので楽しみだなぁ💓
ビジター民として、この新球場から応援できる日を心待ちにしてる。
ビジター外野席の真ん前で、神戸や鈴木優らが準備しているのイメージするだけで心躍る。
既成概念を覆す構成とは

球場の周辺開発は23年から4年ごとに「フェーズ5」まで20年計画で行う
現時点では「フェーズ1」の約70%が仕上がったのみ。23年の開場時でさえ「未完成」。夢の球場の完成形が待ち遠しい
はよ完成して行きたい!!
日ハム新球場行きてェ〜
マジで街を新しく作る気なんだな。球場周辺の整備が完了するのが2043年になるとは。
何でも良いけど、野手の膝に負担のかからないようにしてほしい。人工芝。
球場に隣接したマンション建設も模索し、居住者には無料入場できる権利の付帯も検討中だ。左翼側に隣接するホテル最上階からは野球観戦が可能。ホテルと温浴施設を擁する球場は、世界初となる。
日本エスコンが開発?に思えた
子供は無料にしたいって素晴らしいな。左右非対称の球場というの面白そうだ^^
23年の開幕戦からとなると
今年は札幌行けなさそうだから
残り2年…あと何回足を運べるかなー
ワクワクするね
これは唯一無二の高付加価値マンション誕生の予感!

『球場に隣接したマンション建設も模索し、居住者には無料入場できる権利の付帯も検討中』
「広島」にまた新球場が出来るぞおおおおお!!!
ワクワクするんじゃ^0^
これは夢がありすぎる!
右中間手前に出て左中間遠いって清宮専用の球場やんこんなん
めちゃくちゃ楽しみ。/
楽しみな球場*\(^o^)/*
行きたいなぁ!
こんな球場、ジャイアンツの自前球場として都内に作れんかなぁ😅
フィールド、観客席、ホテルと温浴施設、商業施設・マンション隣接(居住者は無料観戦可)、立派過ぎるわ
2023年行けるように頑張ろう🥰
夢が広がる〜〜〜
夢しかない
JR北海道の新駅完成に7年は遅い。
新幹線すら札幌延伸にまだ10年以上かかるし…。

JR東日本からノウハウ学んでスピード対応してもらいたい。

東京なんて高輪ゲートウェイ駅すぐできたし、密集地獄の中で渋谷駅、周辺を再開発してるし。東京と比較して雲泥の差。
球場に隣接したマンション建設も模索し、居住者には無料入場できる権利の付帯も検討中だ
わくわくすっぞ
> 新たな観戦スタイルとして、前沢氏が温めている斬新な構想がある。その一つが、座席料とは切り離した入場料の無料制度だ。

 既成概念を覆す構成とは
23年の開業を目指し、今月1日に北海道北広島市で着工した日本ハムの新球場「エスコンフィールド北海道」の計画の新たな一端が判明した。
この記事だけでめっちゃワクワクした!

 既成概念を覆す構成とは――(スポニチアネックス)
客層に合わせたエリア開発
スポーツ以外の貸し会場促進
子供の入場料無料etc.
着実に構想を進めているファイターズさん。北海道は行ったことないけど、この球場ができたらぜひ行きたい。そう思わせるPRがうまいですね。
既成概念を覆す構成とは――(スポニチアネックス)
素晴らしいコンセプトの球場ですが、新しい生活様式にはそぐわないのでやり直しです。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR