TOP > スポーツ > 堀内さん 19年ぶり「該当者なし」の沢村賞に言及 時代に合わないの声に「出来ないはずはない」― スポニチ Sponichi Annex 野球

堀内さん 19年ぶり「該当者なし」の沢村賞に言及 時代に合わないの声に「出来ないはずはない」― スポニチ Sponichi Annex 野球

 元巨人監督で野球解説者の堀内恒夫さん(71)が8日、自身のブログを更新。自らが選考委員長を務める「沢村賞」への思いを改めて語った。...

ツイッターのコメント(26)

全くの正論❗悪太郎健在です👍
どのイニングまで投げさせるかは監督やコーチが決めるのだから、項目クリアが出来ないのはそういう監督やコーチが増えてるからだよね。
これ、とか張本某とか、己の経験に基く過去の基準だけを今でも盲信し新しい価値や考えを真向から否定する様な人は早く淘汰されて欲しい。
素晴らしい!
話に一貫性があるってこういうことだな。
自分は科学や教育を志す人に夢を与える生き方ができているだろうか?

堀内恒夫さん:沢村賞について
「でも、俺としてはプロのピッチャーになったのならそこを目指してほしいとも思う。なぜならプロは夢を売る商売でもあるのだから」
時代に合わない言うけど中継ぎの負担が大きい今だからこそ先発完投は必要なんじゃないかと思うわ。夏場に終盤崩れやすくなるし一人で60、70試合投げるのは流石に異常やで
珍しくいいこと言う。
正論すぎてぐうの音も出ない。日本は狭く移動も楽で時差もない。先発は中6日とかあるのに中継ぎはボロ雑巾が如く70試合くらい投げる投手もいる。100球で交代は怪我のリスクを防ぐことの理解はわかるが中継ぎを考えると120球は投げて欲しいと考えるだろう。
激しく同意!!
ハードルを下げる必要ない
できる選手がいるのだから出来ない選手に選考基準を合わせたら賞の価値が落ちる!
沢村賞の価値を落としてはならない。それに合致した投手が現れなければ「該当者なし」のままで良い。
めっちゃ良いこと言ってるやん
環境変化見えないジャーマネ揃ってるこーゆー会社あるよね。ウチの会社か。
まーた俺の若い頃は~みたいなことを言ってるのかと思ったら正論だった。確かに中6日ならもう少し投げさせても?とはよく思う。中継ぎの酷使も問題だし。
沢村賞に関する議論に関しては堀内さんに完全同意。
賞のレベルを下げる必要性は全くなし。獲りたきゃ結果出してねというスタンスでいい。
賛成かな。
それに受賞した田中選手の24-0なんて近年生まれた伝説だしね。
選考委員長である堀内さんの意見に納得する私である。
堀内さんの意見として沢村栄治を称えるのにどうして完投数が必要なのかという点は疑問しかないが、投手のイニング数がどんどん減っている点については同意する部分もある。
19年ぶりにたまたま今年に限って該当者がいないだけで時代に合わないとか言ってるやつ頭おかしい
堀内さん~
本当に。読売の監督時代は好きになれなかったけど、沢村賞に関してはこの方が選考委員長で良かったなと思うことばかり。って前にも書いた気がする。笑
昔江川を人格をもって除外したクソ評価した賞に続ける意義はあるのかと思う今日この頃。時代錯誤も甚だしい、特に選考者の一部は。
昔と今の野球が同じじゃないからな。申し訳ないけど、過去のレジェンドたちも俺たちの時代はこうだったと言い出した瞬間、それは老害になったと言う時よね
「まず間違えてほしくないのはこの『沢村賞』は本来沢村栄治さんを称えるために作られた賞なわけだから先発完投型のNO・1ピッチャーに授与するというものであり、決してそのシーズンのベストピッチャーを選ぶ賞ではないということ」
ド正論。今の先発は甘え過ぎる。もう少し投げろと言いたい。
最近、この考えがよくわかる。何でもアメリカに倣えばいいわけじゃない。なら、アメリカのリリーフは酷使されてるはず、オリファン視点なら
以上

記事本文: 堀内さん 19年ぶり「該当者なし」の沢村賞に言及 時代に合わないの声に「出来ないはずはない」― スポニチ Sponichi Annex 野球

いま話題の記事