TOP > スポーツ > 阪神・高橋聡 “まだやれる”思いよりファンへのあいさつ選んだ仕事人― スポニチ Sponichi Annex 野球

阪神・高橋聡 “まだやれる”思いよりファンへのあいさつ選んだ仕事人― スポニチ Sponichi Annex 野球

 運命のいたずらだった。最終戦が中日戦ではなかったら…。先発することなく、中継ぎ一筋18年。阪神・高橋聡にプロ人生に幕を下ろすことを決めさせたのは、長く支えてくれた人たちへの思いだった。...

ツイッターのコメント(13)

ちょうど先週この記事読んでなおさら挨拶させてやりたかったなあと
😭😭😭😫😫🤦‍♀️🤦‍♀️
こういうの見るたびに続けて欲しかったなーってちょっと思ってしまう
インスタグラマー楽しそうやけど(笑)
聡文さんってスゴいなぁ。続けたい気持ちを絶ってまで…こんな選手を応援できて良かった。阪神に来てくれてありがとう。
生で観ました。感動しました。ありがとう!
改めて、本当にお疲れ様でした。
>今季最後の2試合が中日戦だから、そこで引退セレモニーを用意すると言われた。
>でも、それではファンの方にあいさつできないまま終わるかもしれない」
>福井県の実家は老舗の和菓子店。「商売人の家に生まれたんで、お客さんのありがたみは凄く分かるので」
アッキー、泣ける!
なら来年あの成績で他球団で現役続けようとしてる人(続けられるとは言っていない)はいいから最後に一言くらいしゃべらせてあげてほしかったな
聡文さん「引退セレモニーを用意すると言われた」
球団「ファンの前でとは言うてない」
ちょっと待って!セレモニー用意するって言われてたの?聡文さんの最後の登板を見に甲子園いったし、聡文さんの胴上げ見たかったしスピーチ聞きたかったのに😭
「やりたい気持ちしかなかった。正直、阪神はクビを覚悟していた。でも、1年間かけて体を戻して、来年のトライアウトを受けようと本気で考えていたんです」
投げる姿より、言葉で感謝を伝えたかった。心残りはあったが、当日は福井から両親、さらには名古屋から中日の山井、吉見、浅尾コーチらも駆けつけてくれた。

来年のトライアウト受けるつもりでいたのね😭
以上

記事本文: 阪神・高橋聡 “まだやれる”思いよりファンへのあいさつ選んだ仕事人― スポニチ Sponichi Annex 野球

いま話題の記事