TOP > スポーツ > GK六反が後半ATに渾身のヘッド! ゴールを決めた9人の“守護神” | サッカーキング

GK六反が後半ATに渾身のヘッド! ゴールを決めた9人の“守護神” | サッカーキング

 24日に行われた明治安田生命J1リーグ第33節、清水エスパルス対ヴィッセル神戸の一戦でGK六反勇治(清水)が後半アディショナルタイムに同点ゴールを決めた。Jリ···

ツイッターのコメント(11)

ギシさん♪♪
高木のゴールって相手はうちや。そして、山形が絡んでるのが多いなw
義成兄ねフリーキックは伝説。
Jリーグ最長記録😳✨
能活とか、浦和の西川がとってないんだよね。西川も浦和だとFK蹴れないし
菅野が決めていたとは。
アキさんのは目の前で見て絶叫したなあ😄
オレンジのユニフォームはスゲにゃん。
確実になりさん出てくるよねw
"過去9ゴールのうち、モンテディオ山形が4ゴール(1得点3失点)に絡んでいる"
今回の六反選手のそれも素晴らしいが、やはりとても印象深いのは、山岸選手のゴール。

ニアサイドで当ててファーサイドに流し込んだシュートは、本職のFWのようでした。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR