TOP > スポーツ > 「いいアスリートといいサッカー選手は別物」…ヴィッセル神戸が目指す“動ける身体づくり” | サッカーキング

「いいアスリートといいサッカー選手は別物」…ヴィッセル神戸が目指す“動ける身体づくり” | サッカーキング

身体の動きや機能性を重視  アンドレス・イニエスタの加入で世界中から注目されているヴィッセル神戸には、日本、スペイン、ドイツ、ブラジル、韓国、タイ、カタールの7···

ツイッターのコメント(13)

アシックスかわいいわー
コンディショニングコーチ
横浜FMへ
「フィジカルコーチとメディカルスタッフとの中間的な立場。咲花コーチと協力して選手たちが最高のパフォーマンスを出せるようにするのが自分の仕事。ケガから復帰した選手がスムーズにチームへ合流できるようにするパイプ役」
いい選手は“筋肉ではなく、いい動き” 日本はこういう選手が増える環境を作るべき!

FMS JAPANさんの記事を使わせていただいてます^^
フィジカルコーチとコンディショニングコーチが分かれてるのか。いつか生で試合を見てみたい。
がんばってるなぁ〜!
イニエスタではなく、スタッフの話
超難し過ぎて毎日禿げそうになるやつな…😵😵😵
「完璧なサッカー選手の身体”というプロファイルがない(…)個々でプレースタイルも違いますし、持っている技術も、選手としてのキャリアも違う」>
これは良記事!!

「いいアスリートといいサッカー選手は違う」
咲花さん、田中さんは本当に尊敬する方々です。

サッカー選手の身体づくり。
どこまで行っても答えは無いですが、自分も選手と共に、個人に合わせた身体を作り上げて行きたいです。
FMSは身体をノーマルにもってくるには非常に素晴らしいツール。

例えば肩こり、腰痛予防などはこのコンセプトでほぼ解決できる。

ただ、サッカー選手にはかなり物足りないと思う。
試合前のルーティンは選手達に過度なストレスを与える事なく、動きに集中させる事ができるので僕も基本的に試合の日のアップはプレシーズンから同じ流れで行う事を心掛けています。
サッカー
身体づくり
コンディション
「いいアスリートといいサッカー選手は別物」…が目指す“動ける身体づくり”
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR