TOP > スポーツ > 主審の裁量が増したオフサイド新解釈、選手はより集中が必要に | サッカーキング

主審の裁量が増したオフサイド新解釈、選手はより集中が必要に | サッカーキング

 8月7日のスルガ銀行チャンピオンシップ2013で、鹿島アントラーズの大迫勇也が決めた決勝点に関係して書いたオフサイドの新解釈について、様々な議論がなされている···

ツイッターのコメント(29)

意図的なプレーと意図的なセーブ
学びました
やっぱりサッカー面白いや
オフサイド解釈はこれが分かりやすいかね
詳しく解説してある記事を見つけました。
こういう解釈で、オフサイドフラッグが上がったけどオフサイドにならなかったんですね。
勉強になりました。
「JFAの説明では、「意図的なセーブ」はクロスバーやポストに当たったのと同じ扱いになり、その瞬間にオフサイドポジションにいた選手は利益を得ることになるが」
うーん
オフサイドって難しいのよ。恨むんだったら審判団を恨んでね!!
選手は頑張ってんのに悪になるのは筋違いだってのがわからんかな?
足止めて諦める時点で負けだろ
「フラッグが上がったからといって必ずオフサイドとなるわけではないことは知っておくべきだろう」とな。主審が新解釈のふぁいなるあんさー。
@whatever993 敵に当たったボールを拾ったときの扱い。正直、さすがに複雑すぎてやめた方が良いと思うw
紙と鉛筆の時代にもイラストや図を使っていたと思うのだが、こんな文章だけで説明を完結させるとは・・・
主審の裁量が増したオフサイド新解釈、選手はより集中が必要に=>
⇒おっさん、「未必の故意」なんて慣れない言葉を使って自爆しているよ。あのDFに当たったのが意図あるプレーのわけがないでしょうが。
これ審判にも相当負担がかかると思うんだが大丈夫だろうか…。 :
サッカー、、、難しい、、、
オフサイドの新解釈ですが、単純に、守備側の意図のあるプレー(結果が思い通りでなくても)が間に介在すればそれ以降はオフサイドになりえない、ということなんでしょうね。ただしGKのセーブは従来通り例外扱いと。
これは、主審ですらどちらであるか判断できないだろうな。守備者に当たった場合は、オフサイドかオンサイドか明確にしたほうが良いと思う。
オフサイドの新解釈は、主審の裁量の範囲を限定的にする方向で変更されていると思う。ちょっとこのコラムには納得がいかないなぁ。/
副審は今まで通りなのか。
DFはしんどいよねこれ(´・_・`)"@SoccerKingJP: 【コラム】 "
"@SoccerKingJP: 【コラム】 "
ΣΣ(゚д゚lll)...俺やばいやん(笑)
ま、こうやってきちんと確認して、より正確な記事を出すのは良いことである
=サッカーキング=
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR