TOP > 社会 > 「おばちゃん」は抱き締めてくれた 自殺逡巡の女子高生思いとどまる 宇都宮|県内主要,社会|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)

「おばちゃん」は抱き締めてくれた 自殺逡巡の女子高生思いとどまる 宇都宮|県内主要,社会|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)

37コメント 登録日時:2019-06-22 13:33 | 下野新聞SOONキャッシュ

「おばちゃん」は抱き締めてくれた-。足利市、高校3年の少女(17)は今、「おばちゃん」と呼ぶ女性に感謝しながら県内の医療機関で過ごしている。JR宇都宮駅西口のペデストリアンデッキで5日、少女は自殺を逡巡(しゅんじゅん)していた。「危ないよ」。見ず知らずの女性から声を掛けられ、思いとどまった。女性に救われ、少女は心の安穏を取り戻そう...

ツイッターのコメント(37)

へえ。こういうのが美談なんだ。
これ、客観的に見たらただの不審者だよ。

相変わらず、死ぬ自由に厳しいね。 /
おっさんが抱き締めたら痴漢で逮捕されたりしてと考えるオイラは心が狭いか
男がやったらセクハラ事案(爆)

女の問題は女さん内で片付けて貰うしかないわなー。

…それが現実。理想論なんぞ要らない。
いいお話です。 /
いい話。「どうしたの?」と声を掛けあえる社会がいい。話を聞いてくれる人は周りにいるから。
が!これをオッさんがやると通報逮捕されます。
傾聴と抱擁。

時にどんな薬よりも効果を発揮します。

医療従事者は、出来なくてもいいから、「そういうこともある」と知っておいたほうがいいでしょう。 /
素敵なおばちゃん✨👵🏻✨
この娘もこのおばちゃんと出会えて本当に良かった✨
知らない人に話しかけられる
そう言うのが良い /
お前ら、勘違いするなよ!「おばちゃん」だったから美談になったんだ。おじちゃんだったら逮捕案件だからな。間違っても勘違いして無茶な行動を起こすなよw
声を掛けた女性はとても優しく勇気がある方だなぁ。
Discover(Google)から
辛いのは解る
頼むから自分の命を捨てないでくれ
素敵なおばちゃん✨
このおばちゃんと会えると良いよね😃
いや、そこからは4ねないよ。ガチなら確実な場所選ぶ。
私もそんな場面に出くわしたら絶対助けたい
これ、「おばちゃん」名乗り出てあげて。きっとそれが彼女の心の支えになるから。まだまだそんな、強くないから。。。
おばあちゃんじゃなくて若い男性だったら捕まったんだろうか…?
生きていれば逢える可能性はある。
出てきてほしい気もするし出てこないほうがいい気もする。少女にとってどちらがいいんだろうね🙄
誰か探してあげて😭
もう涙腺崩壊した😭✨
おばちゃんの人柄と人生経験かな。
いい話なんだけど、情報の出元は?女子高生は本人特定されないか?もう立ち直れたのか?記事にするの早計では?
捜す手だては見つからなかった。少女も「お礼が言いたい。けれど見つける手段がない」と話しているという…本文より
私からもお礼が言いたい
6/5正午ごろ 宇都宮駅西口での出来事です。/
一時期迷走していた私は、おばちゃんに抱き締めてほしくて熟女風俗に女が行っても大丈夫かメールで問い合わせをした。返事はなかった(笑)
記事末尾に相談窓口への連絡先あり/
この話題とは若干異なるが、昨日病院で、脳梗塞を患われた高齢女性と話をする機会があった、女性は左手が麻痺。老人性難聴ながら、構音障害で会話のし辛い私の話を親身になって聞いてくれ、目一杯激励してくれた。女性とは数分程度の会話だったが、生きる力とヒントが貰え感謝
おじさんだと同じ行動すると “事案” として捕まっちゃうのかな…。
おばちゃんの威力発揮。
こういうステキな「お節介おばちゃん」は減って欲しくないなぁ…。
「 宇都宮」女性の連絡先は分からない。母親は「知らない女の子に声を掛け、親身に話を聞いてくれて感謝の思いしかない」。少女から「お母さんよりも年上だと思う」と聞いて同駅周辺を歩いてみたが...
見つかるかな

【女性の連絡先は分からない。....少女も「お礼が言いたい。けれど見つける手段がない」と話しているという。】
当の女性は自分を探されることを望んでいないかも知れないが、もし今でも気にかけているのであればという思いを込めてシェア /
まだまだ捨てたもんじゃないなって思いました。
いじめ絡みのニュース見る度、「他人苛めるくらいなら"お前の事は嫌いだ"とだけ告げて目の前から去ればいいのに」と思う。人間関係は流動的なものだから。
心暖まるよいお話。身近な地域での支え合いの大切さが分かりますね。
「お礼が言いたい」と感謝も捜す手だて見つからず
以上

記事本文: 「おばちゃん」は抱き締めてくれた 自殺逡巡の女子高生思いとどまる 宇都宮|県内主要,社会|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)

いま話題の記事