TOP > 社会 > セミ成虫の寿命1週間は俗説! 笠岡高植松さんが生物系三学会最優秀賞:山陽新聞デジタル|さんデジ

セミ成虫の寿命1週間は俗説! 笠岡高植松さんが生物系三学会最優秀賞:山陽新聞デジタル|さんデジ

29コメント 登録日時:2019-06-19 18:20 | 山陽新聞キャッシュ

「セミは地上に出てから1週間程度しか生きられない」というのは俗説で、実は1カ月くらい生きていることを、笠岡高サイエンス部の3年植松蒼さんが独自の野外調査で“証明”した。調査の手法と結果を、5月に広島大......

Twitterのコメント(29)

このニュースを思い出しました。
義両親が話してて調べたらマジだった!!
@kKApKqkwnoXLm6m @sb_9984 @akagera555 素手😳おはるさんスゴい!!
言いにくいんですけど…1週間じゃないセミもいるみたいです😅
今さらこのニュースを知るという。でも、そうだったのか
な、なぬ?
1か月も生きるの?
セミは地上に出てわずか7日でその一生を終える。それって本当だろうか、と考えた高校生さんが仮説を立て、証明方法を考え、それを実施。863匹のセミを捕獲とは、その探求心に脱帽です。
~ ・ ~ ・ ~
庭に蝉の死骸が転がってました。
敷地内では今季初。
蝉の死骸、横を歩いたら、ぶぶぶって生き返ったりするから、これからの季節怖いです。
何か悪さするわけじゃないんですけど。

この方すごいです!
夏が来れば思い出す~
@OSAKATOIN_SGC @maiurase そちらは早いございますね。こちらはまだ聞こえてきません。
夏の最後までシゲチ氏も全力大阪桐蔭校歌の歌声を鳴らしてくださいまし。
セミで思い出しましたが、寿命1週間はガセらしい。
これ、よくやったとは思うけど、これ受けて学者さんは捕獲前後の日数やなくて、羽化からの日数数えて欲しい。
セミ諸氏、人間の予想よりも長く夏を楽しんでいた。
素晴らしい!^^!
セミの寿命なんていう単純な事でも、掘り下げて調査する人は殆ど居なかったのだなー
私は小学生のときに「セミの地上に出てからの寿命は2週間程度」と複数の本で読んだ記憶があり、時代によって俗説も変遷しているのかもしれん
良い仕事だね。
それだけ、世の学者面した金まみれの権威主義者が、実は無能だって事だね。
まっすぐに自らの疑問に取り組んで下さい。
これは勉強になりました。
図鑑に載っている情報から引用して、
セミは一週間の命です、
と今までガイドしていました。
今度から、10日チョイ。
アブラゼミはもう少し生きるよ、と説明します。
ありがとうございます。
セミの寿命1週間は「俗説」高3が証明
ニュース
素晴らしい。それにしても、863匹の蝉を捕まえて、印をつけて、いったん逃がして再確保するという調査ぶり、大変だったね。
疑問に思うことが「真実」を見つけ出しますね!
日常生活で当たり前と疑問にも思わなかったことを真摯につきとめ、真実に行き着くこの姿勢は見習わないと、と痛感してしまった。
"八日目の蝉”が切なかったハズが。。。。
素晴らしい! なんでかな? え ホント? と思うことを突き詰める♡
これからも頑張って下さい💕💕💕

さんから
しょもない大人どもより彼らの成長の方が大事や!👏これからも頑張ってください!➡
>現在、調査の精度を上げるため、セミの鳴き声の波形を専用ソフトで解析して、個体をそれぞれ把握する手法の確立を目指している。
その後の発展も素晴らしい。
すっごおぉおおおお
@bonitapeco これは驚きでした!寿命1週間というのも大体そんなもんだろというのが常識になった感じですよね

「そもそもセミの死骸を夏の間に見かけることが少ないのはなぜか」と短命説に疑問を持ったことがきっかけ」

こういう疑問を持つことがフェイクに騙されない第一歩ですよね😁
おおおお!すごい、すごーい!
へー!(感嘆)
てか、小さな疑問がここまで大きく突き動かす事が素晴らしい!
以上

記事本文: セミ成虫の寿命1週間は俗説! 笠岡高植松さんが生物系三学会最優秀賞:山陽新聞デジタル|さんデジ

関連記事