新撰組の愛刀と同銘柄ずらり 倉敷刀剣美術館、150振り展示:山陽新聞デジタル|さんデジ

7コメント 2021-09-14 18:08 山陽新聞

幕末の京都で活躍した新撰組の隊士たちの愛刀と同じ銘柄の刀など、約150振りを並べた展覧会が倉敷刀剣美術館(倉敷市茶屋町)で開かれている。 「日本刀 新撰組関連刀展&新発見名作特別公開!」として、会期を...

ツイッターのコメント(7)

おお。暇だから行こうかな✨
倉敷刀剣美術館、150振り展示 幕末の京都で活躍した新撰組の隊士たちの愛刀と同じ銘柄の刀など、約150振りを並べた展覧会が倉敷刀剣美術館(倉敷市茶屋町)で開かれている。 「日本刀 新撰組関連刀展&新発見名作特別公開!」として、会…
幕末の京都で活躍した新撰組の隊士たちの愛刀と同じ銘柄の刀など、約150振りを並べた展覧会が (倉敷市茶屋町)で開かれています。
今月からは、戊辰(ぼしん)戦争で最後まで明治新政府軍に抵抗した榎本武揚が実際に所有した刀も仲間入り。
え、待って、年パス1000円とか、お刀眺めるの好きーな人間にしてみたら、やっす?!ってなりません?!私はなった。やはり、行かねば!> -
倉敷刀剣美術館、150振り展示:山陽新聞デジタル
以上
 
PR
PR