TOP > 社会 > 精いっぱいやって優勝できた 高橋大輔(フィギュアスケート):山陽新聞デジタル|さんデジ

精いっぱいやって優勝できた 高橋大輔(フィギュアスケート):山陽新聞デジタル|さんデジ

14コメント 2020-09-30 05:05  山陽新聞

2002年3月にノルウェーで開かれたフィギュアスケートの世界ジュニア選手権で、日本男子で初めてシングルを制した当時翠松高校1年の高橋大輔選手。岡山に戻り、知事特別賞を受けた。知事から表彰状とトロフィー...

ツイッターのコメント(14)

高校生の大ちゃん、初々しい。
世界ジュニア選手権で日本男子で初めてシングルを制した高校1年時の高橋大輔
知事特別賞を受け大会を振り返った時のインタビューの言葉

「コトバのチカラ」
スポーツは一瞬に凝縮された人生
困難の時にも自らを鍛え戦い続けるアスリートの姿と言葉に私たちは勇気づけられる
心の若さ今も失ってない。
2002年3月にノルウェーで開かれたフィギュアスケートの世界ジュニア選手権で、日本男子で初めてシングルを制した当時翠松高校1年の高橋大輔選手。岡山に戻り、知事特別賞を受けた。知事から表彰状とトロフィーを手渡され大会を振り返った
純粋で実直、シンプルで心を打つ言葉だなぁ😊
#髙橋大輔精 コトバのチカラ2020

いっぱいやって優勝できた #
初々しい🥰❤️
コトバのチカラ2020
「精いっぱいやって優勝できた」高橋大輔(フィギュアスケート):山陽新聞デジタル コトバのチカラ
<コトバのチカラ>
「コトバのチカラ」で世界ジュニア優勝の頃の大輔さん
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR