TOP > 政治・経済 > 三井E&S 玉野で商船建造終了へ 従業員は提携先に転籍の可能性:山陽新聞デジタル|さんデジ

三井E&S 玉野で商船建造終了へ 従業員は提携先に転籍の可能性:山陽新聞デジタル|さんデジ

12コメント 2020-08-05 20:59  山陽新聞

経営再建中の三井E&Sホールディングス(HD、東京)は5日、2020~22年度の中期経営計画を発表し、造船子会社・三井E&S造船玉野艦船工場(玉野市玉)で手掛けるばら積み貨物船などの商船建造を終え、提...

ツイッターのコメント(12)

どんどん玉野市が地盤沈下してゆく...。
「玉野市内の協力会社幹部は『今年に入って下請けの仕事が減っており、嫌な予感が当たってしまった。造船に携わる市民は多く、非常に心配。何とか地域の雇用を維持してほしい』と話した。」

初耳だ
「 従業員は提携先に転籍の可能性」
三井造船発祥の地。先月出張で行ったけど、尋常じゃない設備投資とノウハウの蓄積を感じられる場所だった。国内造船が今までもこれからもずっと厳しいのはわかるけど、残念。
あらー。ちょいと影響被るなぁ。うへぇ
玉野の造船部門には約850人がいるとのこと。うーむ。
従業員は提携先に転籍の可能性:山陽新聞
遂に、そうなったか。私の祖父が出兵する事無く船を作り続けていた地なので非常に感慨深いものがある。民間の事を市場に任せ過ぎるのも産業、国力衰退に繋がるぞ…(;´Д`)
従業員は提携先に転籍の可能性


クレーンは毎日見てるからね、なんとなく分かってた。
でも提携まではなんだかんだ回していくのかと思ってたのに、これじゃ下請けが大変だろうな…。
@hibipapa0107 造船部門は外部委託になるとかなんとか…
創業地だったのにね…
そうなるわな…
まぁ…商船よりエンジンと艦艇事業でいくしかないけど…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR