TOP > エンタメ > 【こちらサンスポ社会班】「遺伝子ワクチン」接種に慎重判断を 一部専門家が注意喚起 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

【こちらサンスポ社会班】「遺伝子ワクチン」接種に慎重判断を 一部専門家が注意喚起 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

 国内で医療従事者と高齢者向けに進む新型コロナウイルスのワクチン接種。感染拡大の「第4波」が猛威を振るう中、政府は収束に向けて接種ペースを加速させたい構えだが、一部の専門家は「遺伝子ワクチン」であるこ...

ツイッターのコメント(29)

「ワクチンではなく『遺伝子治療』と呼ぶべき」

国立遺伝学研究所の川上浩一教授は
「未知のことが多い。遺伝子を人体に導入することには慎重であるべき。
健康な人にわずかでもリスクがあるものを接種させるのは、医学の倫理に反する。私は家族や患者にも打たせたくない」
以下、記事より引用。

『一部の専門家は新型コロナの💉は【遺伝子💉】であることへの懸念を指摘する。
国内で接種されている米ファイザー製と今月中に使用が承認される見通しの2社製はいずれも【遺伝子操作技術】を用いた【遺伝子💉】
メモ→国立遺伝学研の川上教授は「未知のことが多い。遺伝子を人体に導入することには慎重であるべき」と訴え。遺伝子ワクチンは人工合成遺伝物質を筋肉注射し体内でウイルスタンパク質の一部を生成。外部培養抗原などを打つ従来型と異なる。10年以上の開発を約1年で実用化
日本感染症学会は「長期的な有効性や安全性の点でまだ不明な点はあるが、承認された を接種することが望まれる」とし、厚労省の担当者は遺伝子ワクチンについて「リスクがゼロとは言い切れないが、利益の方が大きいという判断」と説明した。
なるほど。
「未知のことが多い。遺伝子を人体に導入することには慎重であるべきだ」だそうですが、今まで生きてきて何回も「普通の風邪」に罹るたびに、その都度、風邪ウイルスによってその遺伝子が人体に導入されてきたんですが、そのへんどうなんすかね。
ワクチンがどういうものでどんなリスクがあるか認識すべきという部分は支持しますが、未だに隔離で抑え込むフェーズだと思っているのはナンセンスかと。
新式のワクチンは、そりゃあ不安だわな。当たり前、気持ち悪い。しかし旧式は効果低いし、検査は進まんし、なんかしないと死ぬかもしれんなら、気持ち悪いけど新式ワクチン打つわな。
川上氏を魚の専門家と書き、その表記は違うと指摘いただいたので訂正。

スポーツ新聞とはいえこういうやり口はやめた方がいい。

川上浩一氏は
「遺伝子を人体に導入することには慎重であるべきだ」

と言うけど既存の全粒子ワクチンには遺伝子入ってないのかな。
確かにmRNAやウイルスベクターは遺伝情報を使うんだけど、従来の生ワクチンも不活化ワクチンも、ウイルスの遺伝情報を入れるという点では同じだよね。しかもウイルス自体を入れる=全遺伝子情報を入れるなんだからさ。
信用するに値しない内容です。
ワイ「パトレイバー劇場版みたいに政府がHOSに書き換えよ、とお達しが来ても書き換えずに従来型のOSを残す事も、社会的リスクからしたら必要ですとは思う。」
国立遺伝学研究所 川上浩一教授
新潟大 岡田正彦名誉教授

はい。解散解散。
【こちらサンスポ社会班】 - SANSPO.COM
> 国立遺伝学研究所の川上浩一教授
はい解散
--

やっとか言い出したか。。。

未知のことが多い。遺伝子を人体に導入することには慎重であるべき
体内に入った後の遺伝子の動きを「完全に制御することはできない
ワクチンではなく遺伝子治療】 d(^_^o)情報が小声で囁かれてるが耳を澄ますべき(。-_-。)数年後の副作用とか考慮されなさすぎる
日本のマスメディアのほとんどが「ワクチンの高リスク低ベネフィットの現実」「安全で効果的な治療薬の存在」を知りながら「社会のためワクチンを!」の一点張り。そんな中、スポーツ新聞サンスポは「一部専門家が遺伝子ワクチン接種に注意喚起」と掲載。正義を見せています
「ワクチンではなく、『遺伝子治療』と呼ぶべきだ」

【こちらサンスポ社会班】 - SANSPO.COM
おいおい、産経、ヤンバイデン
一部専門家って誰よ、と思ったら国立遺伝学研究所の川上浩一教授で茶吹いた。
今回の枠珍は人類史上初の遺伝子操作型なので、慎重に考えて打つのが良いと思う。数年のスパンで考えないとリスクを評価できないとも言われている。打つか打たないか、いつ打つか、個人の自由に委ねるべきだと思う。
これはニュースにしたらアカンやつや
慎重というか
ほんと接種やめたほうがいいよ
こういう議論もちゃんとして欲しい。メリット・安全論ばかりじゃ逆に不安になるし、ワクチン忌避傾向にある人は、そうだと思う。
「健康な体内に入れた遺伝子、10年先まで何が起きるかわからない未知数な代物‼️」【こちらサンスポ社会班】「遺伝子ワクチン」接種に慎重判断に
「ワクチンではなく、『遺伝子治療』と呼ぶべきだ…健康への影響も2~3年、種類によっては10年先まで見なくてはならない…私は家族や患者にも打たせたくない」新潟大名誉教授で予防医療学が専門の医学博士、岡田正彦氏
サンスポ社会班やるな
今打っているワクチンは、今までのワクチンと根本的に違うんだ?
「」
      接種に慎重判断に… 

⚠️ ‼️‼️‼️
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR