TOP > エンタメ > たけし「まぬけな芸能事務所と変わらない」国の持続化給付金事業に言及 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

たけし「まぬけな芸能事務所と変わらない」国の持続化給付金事業に言及 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)

 タレント、ビートたけし(73)が6日放送のTBS系「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜後10・0)に出演。政府の持続化給付金事業について言及した。 …...

ツイッターのコメント(25)

「俺なんか昔、太田プロで、ツービートで仕事に行ったら間に業者が5個も入ってて、『お前らに500万も払ってんのに』って(言われた)。オイラのもらった金、50万なんだ。全部抜かれてたっていう。同じだよ、やってること」
ビートたけし
「俺なんか昔
(かつて所属した)太田プロで
ツービートで仕事に行ったら間に業者が
5個も入ってて『お前らに500万も払ってんのに』って
(言われた)。
オイラのもらった金50万なんだ。
全部抜かれてたっていう。
同じだよ、やってること」
それをされない様に恐い人にケツ持ち頼むんじゃんね。
たけしさんの話は,中間業者が営業マージン抜いて,仕事は下請け業者に丸投げのパターン。
昔から、省庁の独法経由で民間に落ちてくる仕事、このパターンだもの。最初は億単位のはず、それが末端業者には1,000万円以下の発注になってたりする。

「間に業者が5個も入ってて」
高額納税者はもっと怒ってほしいね
国債を国民の負債と言うなら、予算の中抜は国民の財産収奪じゃないか?
同じじゃないよ、あなたがワル賢いだけ。知ってたんでしょうに。
いつになったらこの中抜き事業は無くなるのでしょう?
たけし「俺なんか昔、(かつて所属した)太田プロで、ツービートで仕事に行ったら間に業者が5個も入ってて、『お前らに500万も払ってんのに』って(言われた)。オイラのもらった金、50万なんだ。全部抜かれてたっていう。同じだよ、やってること」
広告代理店がどっかに業務委託せずにやる事はほぼない。
なぜなら出来ないんだよw

日本の広告代理店制度はメーカー直で出来ないシステムを作ってしまったよな。今は別件とかあるが。
まぬけかどうかは知らんけど、どこの業界もやってることじゃないの?
たけし「まぬけな芸能事務所と変わらない」国の持続化給付金事業に言及。 新型コロナウイルス対策の持続化給付金事業を769億円で委託した一般社団法人が、業務の大半を大手広告代理店に749億円で再委託。さらにその代理店が子会社に645億円で業務を外注していた
無駄なお金と時間と労力。国民ファーストなら、こんな事しないよね?国民は騙されちゃいけない。
だって、電通だものw

わかるわぁ、このパターン
マヌケな芸能事務所と同じ業者使ってるのもね笑
お金が無くて困っているこのご時世で訳の分からないこと平気でしているんですね!この内閣は・・・・もう最悪だぁ~
太田プロにはいくら入ったのだろうか。吉本ほどじゃないとは思うけど。
「何だよこれ。結局、お笑い事務所と何も変わってないじゃない」
出た!得意技「寝返り」
中抜きばかりで500万円が50万円に…。
ブラック企業と変わらないですね。
竹中抜き以前からはびこる日本の伝統なのではないでしょうかね👎
たけし
「俺なんか昔、(かつて所属した)太田プロで、ツービートで仕事に行ったら間に業者が5個も入ってて、『お前らに500万も払ってんのに』って(言われた)。オイラのもらった金、50万なんだ。全部抜かれてたっていう。同じだよ、やってること」
以上
 

いま話題のニュース

PR