TOP > 政治・経済 > ふるさと納税訴訟で泉佐野市逆転勝訴 千代松市長は大阪屈指の「改革派」 - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

ふるさと納税訴訟で泉佐野市逆転勝訴 千代松市長は大阪屈指の「改革派」 - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

11コメント 2020-06-30 17:56 | SankeiBizキャッシュ

ふるさと納税制度から除外した総務省の決定は違法だとして、大阪府泉佐野市が決定取り消しを求めた訴訟の上告審判決で、30日、最高裁は国側勝訴とした大阪高裁判決を破棄…...

ツイッターのコメント(11)

前例をまったく気にせず、市民にとって正しいと判断したことを貫き通す、正義感の強い政治家
おめでとう。

泉佐野市は色んな知恵を絞り実施したことで実績を残したと思う。
総務省は「ふるさと納税」を地方に丸投げしておいて
反省すべきでは。

関空維持で大変と思う。

知恵を出す自治体は💮
ナイス。
自由競争に国が口出すな⁉️
面白い人だよ。いっぱい一緒に仕事したなぁ。
まあ、当然だな…。
後出しはいかんですよ。
昨年、#泉佐野市 を #ふるさと納税 で応援しました。

後出しの規制で取り締まるという、総務省の無茶苦茶なやり方が否定されました。
やっと真っ当な判決が出ましたね。
>就任当時の同市は破綻一歩手前の財政健全化団体に陥っていたが、まず市長から一般職員までの給料削減に踏み切った。さらに、関西国際空港と対岸を結ぶ連絡橋の利用税新設を要求。国土交通省が「関空アクセスの改善という国の重要施策に逆行する」と反対したが…
ふるさと納税の裁判泉佐野市が""やっつけたけど、総務省がアホだったって言うのがバレるからマスコミは触れないのね
以上
 

いま話題のニュース

PR