批判呼ぶテドロス事務局長の「中国擁護」 背景にWHOと中国の蜜月の仲 - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

30コメント 2020-02-16 09:03 SankeiBiz

肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、中国当局の初動の遅さを指摘する声が世界で高まる中、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が中国を擁護し続…

ツイッターのコメント(30)

そもそも、WHOの発言が信頼されているかが問題
@taisa_0909 @katsuyatakasu 一つはこれかな

批判呼ぶテドロス事務局長の「中国擁護」 背景にWHOと中国の蜜月の仲
WHOはもう終わり。
テドロスの補佐、任明輝(中国人)なんだって。はい。もう世界おしまい。
批判呼ぶテドロス事務局長の「中国擁護」 背景にWHOと中国の蜜月の仲
WHOは中国の手先、工作機関と言っても過言ではない。
世界にとって害悪以外の何物でもない。
@RHPH9fHmtf8liBq WHOは運営資金欲しさに中国にべったり。今の事務局長も中国の金まみれのエチオピアの元外務大臣。
テドロス氏が中国を忖度している可能性が指摘されたのは、本人が、中国から巨額投資を受けるエチオピアの元保健相だったからだ。
~中略~
長年にわたり、WHOの重要ポストには、中国の息がかかった人材が抜擢(ばってき)されてきた。
🤨
WHOのテドロス事務局長は中国のスポークスマンなので発言は信じないでください。全く…!
WHO と中国の蜜月の仲2/16日記事
WHO 1/22,23日の緊急委員会で緊急事態宣言見送り。政治と金。
批判呼ぶテドロス事務局長の「中国擁護」 背景にWHOと中国の蜜月の仲
 
PR
PR