TOP > 政治・経済 > パナも撤退、「日の丸半導体」凋落 30年間で見る影なく惨敗 - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

パナも撤退、「日の丸半導体」凋落 30年間で見る影なく惨敗 - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

11コメント 2019-11-28 21:22 | SankeiBizキャッシュ

「日の丸半導体」の凋落(ちょうらく)が止まらない。パナソニックは次世代自動車の普及を見据え車載向け半導体を強化していたが、大規模な投資で競争力を高めた韓国や台湾…...

ツイッターのコメント(11)

ふむふむ。
- SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト
80年代の日米半導体摩擦。『メモリはPCに複数積むから』とCPUを捨てた付けが今来ていると思うの。もっともインテルってどこの会社だっけ?//
半導体産業が落ちぶれたのはイタイし、日本の凋落の象徴だよね。。

「90年にはNECや東芝など6社が世界シェアのトップ10を席巻。しかし、90年代中盤には米インテルに首位を奪われ、その後は韓国サムスンや台湾TSMCにも追い抜かれた。」
技術移転の失敗。ビジョン無く技術者の移転を許した結果 /
かつて世界市場を席巻した国内半導体メーカーは、この30年間で大半が退場。「産業のコメ」といわれた半導体の劣勢で、製造業の競争力低下を引き起こす懸念も広がる。
それを招いたのは政治の無力でしょ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR