TOP > 政治・経済 > 春節商戦、大衆薬や日用品の爆買いにブレーキ - SankeiBiz(サンケイビズ)

春節商戦、大衆薬や日用品の爆買いにブレーキ - SankeiBiz(サンケイビズ)

21コメント 登録日時:2019-02-05 21:32 | SankeiBizキャッシュ

中華圏の旧正月・春節の大型連休が始まり、中国人に人気の大衆薬や日用品、化粧品などを置くドラッグストアは多くの買い物客でにぎわっている。ただ、今年は中国での景気減…...

ツイッターのコメント(21)

1月から電子商取引(EC)を規制する法律が施行され、日本でまとめ買いした商品を転売しにくくなっていることから、従来のような“爆買い”は減ると予想されている。
爆買いバブルが終わり、商品力やサービス、おもてなしの真価が問われる時代に入った。
何年も前に爆買いが終わったのも知らないメディア?。
ドラッグストアが乱立して中国語の看板が目立ち不愉快。買ったものも転売されているなら尚更。
やっぱり影響出てるんやな
京都市内のホテルを検索すると、空室は結構ありそうね。
去年も例年より少なかったし、予想の範囲内です。驚くことではないよ
一世を風靡した爆買いの潮流が、今年もあると思っているなら、相当ノーテンキな経営者としか。
普段は脅威とあおり立てる中国マネーを当てにしすぎでは?訪日で日本文化と日本人への理解が深まり、日中友好になることこそ脅威除去・互恵関係への近道なのだから。
中国語表記なんていらんでしょうに。英語だけでいい。爆買なんて一時的なものなのにそんなものに頼ってどうする(とずっとおもってました)
日本まで来て買うより現地で販売した方がいいでしょう。
※昨年の大阪北部地震と苛烈な台風以降、道頓堀周辺のインバウンドは回復してなかったけど、昨日はすごかった凄まじかった。歩くの大変だった、ツアーもすごいけどFITも増えたねー
いよいよインバウンドも急下降なのかな。
来なくて結構🖐️
私見なのでお気にせず🙇
チートがBANされただけ
“日用品大手の花王は、紙おむつのメリーズが転売減少などの影響により「中国向けで苦戦している」”
転売が減って困ると言うのもなんだかなあ😥
数年前は確かに札幌でも見かけた中国人は「買い物に来ていた」
だが今札幌で見かける中国人は「観光に来ている」

さて、爆買い狙って札幌中心部に大量に出来上がった電気店やドラッグストアの未来は・・・どっちだ?
3キロ圏内に20件ぐらい薬局あるの潰れるべき。◆
数年前ならともかく、いまだに爆買いを信じている小売店は販売戦略が甘すぎると思う。最後の絞りかすを根こそぎかき集めるつもりならともかく、いつ消えるかわからない一時的な相手に注力して、普段売り上げを得ている客からそっぽを向かれないことを祈るよ
「爆買い」という言葉が流行り出した頃の産経は、品定めもせず買い漁る中国人を小馬鹿にした感じだったが、今じゃすっかり日本経済の牽引役だな。
爆買いに期待し過ぎだ。
「春節商戦、大衆薬や日用品の爆買いにブレーキ」 
>1月から電子商取引(EC)を規制する法律が施行 / これまで納税をせずにネット転売を目的に日本で大量に購入していた一部の業者が購入をやめ、在庫調整を行い、撤退した動きも
以上

記事本文: 春節商戦、大衆薬や日用品の爆買いにブレーキ - SankeiBiz(サンケイビズ)

いま話題の記事