TOP > 政治・経済 > 投資信託、顧客の4割が損失 金融庁が成績公表 - SankeiBiz(サンケイビズ)

投資信託、顧客の4割が損失 金融庁が成績公表 - SankeiBiz(サンケイビズ)

44コメント 登録日時:2018-11-07 21:27 | SankeiBizキャッシュ

金融庁は7日、投資信託を購入した顧客の何割が利益を得たのかなどを明らかにするために金融機関向けに定めた「比較可能な共通指標(KPI)」について分析結果を公表した…...

ツイッターのコメント(44)

俺はやってないけど、客の4割が損失(ひどい所は7割!)って、壮絶な世界なんやね?独立系3社が安心というのも、逆に考えれば怖い。
自分の意志じゃなくて営業マンにすすめられてるのが多いのでは?
銀行で投資をするのは危険、ってデータですね。。
何も考えずに寝かしとくだけでコレなら、まあイイほうなんじゃないかなう?自分で相場を相手に投資して資産増やしていくって、簡単なことじゃないからなう。
…タイミングによるんじゃないのかなぁ。
どの時期からはじめたのか、と。
含み益のある会社、上位3つ草食投資隊やった。
売り方の差だな。あと、この見出しはよくない。「投資信託、金融機関によっては顧客の4割が損失」とすべき。
株と一緒でどの投資信託を選ぶかで、大きく明暗が別れますね。401Kを導入する企業も増えてきており、自ずと運用は投信となるので本ニュースは要確認です

顧客の4割が損失
あおぞら銀行や三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券は含み益のある顧客の割合が4割を割り込んだ、と。→
この成績、どーなのよ⁉️結局、大手は手数料稼ぎで無能か、顧客騙してない?
元本保証が無い中で半分以上は黒字なんてマシな方じゃないのか?嫌なら元本保証の貯蓄型にしろ。利率低いけどな。まあ丸投げしかできない奴は手を出さない方がいい。
"含み益のある顧客の割合はトップのコモンズ投信が98%で、ひふみ投信などを運用するレオス・キャピタルワークスが91%、セゾン投信が85%と続いた。"
なんとなくわかっていたけれど、ひどいね。
これを4割も損をしていると見るか4割しか損してないと見るか
1位、2位、3位を保有中。
含み益が五割未満のところは猿にダーツ投げさせて、どうぞ

SankeiBiz: 金融庁が成績公表.
やっぱ渋沢さんすごいな👼
あの人の考え方は好きやで♪

これからはひふみより、コモンズの時代(^o^)

まともな企業を押さえてるから、ちゃんと日本の成長に投資できる☺

ひふみの企業選択は投機やで…
金融庁が成績公表(産経新聞)

銀行に言われるがまま買ってるお年寄りとか含めても4割って、やっぱインデックスファンドとかに限ればまず儲かるよね。短期で莫大な利益は出ないけども。やっぱ日本人は正しい知識を身に付けてもっと投資すべき。
自己責任です!
投資信託で儲けるってかなり難しいよね
売ってる銀行員は契約さえとれたら後は放置やし、買う人自身で管理しないといけないし、放置じゃ儲からないよね
定期的に携帯電話に投資案内をかけてきてウザかったから新○銀行から預金をほとんど引き上げたなぁ……
投信を販売し、運用損益別の顧客の割合を開示した36金融機関では、単純平均で4割の顧客の運用損益がマイナスだった。
え?四割とか優秀じゃね?w
やっぱり積立が無難なんやなぁ
ビビる。プロのファウンダーに任せてこれなのね。手数料わりかしとられるのに。
すごい格差だ。
何もしない方が良い…
(; ̄ェ ̄)

iDeCo、やっぱりファンドに変更するのは、やめとくべきか…
(´・ω・`)
これだけ上げて4割損失なら5割はガチホ組かな。
ぷ だっさ - SankeiBiz
ひふみ投信はTV放送タイミングが悪かった。他記事だと平均2年で解約する個人投資家が多いとか。index積立設定して2,30年気絶すれば勝手に増える。
これが全てではないけど、、
元証券マンの知り合いが言うには、初期投資で2000万円ほどないと敗けるらしい。
それ以下の投資で勝つには分散投資のマネジメントが適宜適切に行う能力と余裕がいるとのことだった。
◾️含み益のある顧客の割合→
コモンズ投信=98%
レオス・キャピタルワークス=91%
セゾン投信=85%
上位3社は大手金融機関系列に属さない独立系。

3割台にとどまる金融機関もあり格差が浮き彫りに、とのこと。

「投資信託、顧客の4割が損失 金融庁が成績公表」


含み益のある顧客の割合はトップのコモンズ投信が98%、ひふみ投信等を運用するレオスが91%、セゾン投信が85%。上位3社は独立系で毎月決定額の積立投資に注力する。あおぞら銀や三菱UFJモルスタPB証券は4割以下。
@SankeiBiz_jp
以上

記事本文: 投資信託、顧客の4割が損失 金融庁が成績公表 - SankeiBiz(サンケイビズ)

いま話題の記事