TOP > 国際 > チベット亡命政府首相、初のホワイトハウス訪問 中国の反発必至 - 産経ニュース

チベット亡命政府首相、初のホワイトハウス訪問 中国の反発必至 - 産経ニュース

19コメント 2020-11-21 23:36  産経ニュース

【シンガポール=森浩】チベット亡命政府は21日、ロブサン・センゲ首相が米国の招待でホワイトハウスを訪問したと明らかにした。亡命政府首相のホワイトハウス訪問は初め…

ツイッターのコメント(19)

トランプ政権は、大統領選だけやってるわけじゃない✨

亡命政府は訪問を「歴史的な偉業」としており、「米国は亡命政府を認めていないが、(今回の訪問は亡命政府の)民主的なシステムと政治的責任者の両方を承認したことに匹敵する」と強調した。
これで任期中にウイグル亡命政府に会ったら 発狂キンペー
トランプ大統領は中共のジェノサイトを任期中に対策し宣伝しないとね
チベット亡命政府は21日、センゲ首相が米国の招待でホワイトハウスを訪問したと明らかにした。亡命政府首相のホワイトハウス訪問は初めてという。亡命政府を「分離独立主義」と批判する中国の反発が予想される。
これ凄いよね。
བོད་མིའི་སྒྲིག་འཛུགས་ཀྱི་སྲིད་སྐྱོང་མཆོག་ཆེས་ཐོག་མ་ཨ་རིའི་ཕོ་བྲང་དཀར་པོར་མགྲོན་འབོད།

嬉しいニュース!
「 中国の反発必至」
がんばれチベット亡命政府👍
首相、初のホワイトハウス訪問 

亡命政府は訪問を「歴史的な偉業」としており、「米国は亡命政府を認めていないが、(今回の訪問は亡命政府の)民主的なシステムと政治的責任者の両方を承認したことに匹敵する」と強調した。
イイネイイネコリャいいね‼️

チベット亡命政府は21日、ロブサン・センゲ首相が米国の招待でホワイトハウスを訪問したと明らかにした。亡命政府首相のホワイトハウス訪問は初めてという。亡命政府を「分離独立主義」と批判する中国の反発が予想される。
これ↓バイデンとトランプさんの違い

チベット亡命政府は1959年のチベット動乱をきっかけにインドへ亡命したダライ・ラマ14世が樹立しインド北部ダラムサラに拠点を置く。センゲ氏は2011年から首相
チベット亡命政府は21日、ロブサン・センゲ首相が米国の招待でホワイトハウスを訪問したと明らかにした。亡命政府首相のホワイトハウス訪問は初めてという。
トランプ大統領の4年後の復活に期待します!
アメリカの法的に再度立候補できるのかは知りませんが…
チベット亡命政府は21日、ロブサン・センゲ首相が米国の招待でホワイトハウスを訪問したと明らかにした。亡命政府首相のホワイトハウス訪問は初めてという。
快挙だ💐🕺
Deep Stateを片づけたら、トランプ政権は本気で中共を潰しにいく

チベット、ウイグル、香港、南モンゴル、法輪功。これまでの忍耐が報われる日は近い❣️
なるほどね
ロブサン・センゲ首相がホワイトハウスを初訪問したのは、NPOクリカ設立14周年に当たっていた11/20。

報じられている11/21(倍音の月7日)のサイ時間は、チベット民族蜂起と同じKIN76。そしてセンゲ首相はKIN241!D

こういう動きがある事を日米両国民はもっと知るべきでは?
チベット 関連

【産経新聞】2020.11.21 23:09
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR