TOP > 国際 > 台湾の学生運動、記録映画が日本で公開へ 中国人留学生の受けた衝撃(1/2ページ) - 産経ニュース

台湾の学生運動、記録映画が日本で公開へ 中国人留学生の受けた衝撃(1/2ページ) - 産経ニュース

40コメント 2020-09-26 20:35  産経ニュース

2014年3月に馬英九政権(当時)の対中接近策に危機感を募らせた台湾の学生らが、立法院(国会に相当)に突入し、議場を占拠した「ヒマワリ学生運動」を中国籍の女子留…

ツイッターのコメント(40)

2014年、政府の対中接近政策に危機感を募らせた台湾の学生らが起こした「ヒマワリ学生運動」

この運動を題材としたドキュメンタリー映画「私たちの青春、台湾」が東京都中野区のポレポレ東中野などで10月31日から公開されます。
香港の自由が奪われつつある今だからこそ、傅氏は「一人でも多くの人に見てもらいたい」と語る。

東京都中野区のポレポレ東中野などで10月31日から上映される。
「真のリベラル」ならば、当然これは真っ先に指示応援すべきものですよね? でも、実際の〝(自称)リベラル〟はこぞって黙殺(そも、見向きもしない?)と言う辺りが全て物語ってますね
日本の人権派の人は日本の過去の問題を取り上げて声高に批判するが、今現実に起きているこのような問題になぜ声を上げないのだろう。何とも内弁慶な態度だ。
台湾や香港の愛国青年気取りで日本で活動してるのが右はヘイトの党日本第一党高田らの集団と左はSEALDs学生に公共未来で共に反社で公安調査庁の監視団体で無能な働き者集団
🎸😊文化の源🍍🎸
台湾の学生運動を中国留学生が映画化し、それを観る機会を得る私たち日本人。10/31公開。
これは見に行きたいわね。
台湾のひまわり運動のドキュメンタリー。監督は台湾に留学していた中国人女性。10月31日公開。
香港は中国だから中国政府が統治するのは当然だが、台湾は独立国家なのに中国政府が市民生活に介入してるのか?台湾政府が守ってはくれないのか?
興味深いね。日本の学生に特に見てほしいと思う。>
監督の傅楡(ふゆ)氏(38)は「台湾や香港が中国からいかに強い抑圧を受けているか、学生がいかに必死に戦っているか、日本の人々にも危機を感じ取ってほしい」と、、、
当件と言い、1987年まで38年間戒厳令だったことと言い、台湾の歴史は案外知られていない。

自由と民主化が定着したのは案外最近だし、それを維持するアジアの国は意外と少ない。
私達の青春、台湾。ポレポレ中野
台湾のヒマワリ学生運動のドキュメンタリー映画。
中国に抑圧された台湾の学生による民主化運動で50万人の支持を受けている。
日本も。周りは絶対中共です
>大学自治会選に立候補したものの、中国籍を理由に排除され、民主社会への失望や挫折も味わっていく。

いかに国としての信用度が無いかということの証
観たい ❢ けど…Clusterの気になる…この時期では…どうしてもねぇ…。
苦笑っ(ニガワラッ)
ヒマワリ学生運動 中国との貿易自由化をめぐる台湾立法院の審議に反発した学生らが、2014年3月から4月にかけ議場を約3週間占拠した抗議活動。
自由と民主主義がどれだけ大切か、台湾、香港、ウイグル、チベット、内モンゴルで、中国共産党の圧政下で示されている。
花畑に住む日本人は、このドキュメンタリーを見るべきだ。
産経/

この記事の面白い所は、台湾のひまわり運動から香港雨傘運動の繋がりを明確に指摘してる点

両者のデモ資金の出処が同じだったのかも知れない 韓国ローソクも?
監督の傅楡(ふゆ)氏(38)は「台湾や香港が中国からいかに強い抑圧を受けているか、学生がいかに必死に戦っているか、日本の人々にも危機を感じ取ってほしい」と話している。
これは必ず鑑賞しに行きます❗️
監督の傅楡(ふゆ)氏は「台湾や香港が中国からいかに強い抑圧を受けているか、学生がいかに必死に戦っているか、日本の人々にも危機を感じ取ってほしい」と話している。/Sankei_news
観たい映画発見!
かつて 日本にもそういう熱い若者たちが居た。

結果は思想的にあさっての方向に向かってしまったが 目指すところは「国を思って」からだった。
本当は日本よりも中国で公開されるべきなんだろうけど、まぁ当局が許さないな。中国は独裁を止めろ!
中国人留学生の受けた衝撃(産経新聞)

これは見てみたい。
見たいけど、また東京だけとかなのかな。どこかオンラインで配信してくれないだろうか。
「短期的に劇的な変化を起こすのは無理だと分かった。これからも人の話を聞き、文章を書いて自分なりの課題に取り組む」

当局に削除されないよう注意しつつ、ネットで民主的な社会の様子を若者に伝える。
押し付けず、柔らかく、自らの頭と心で考え感じてもらう。
これ気になる
ドキュメンタリー映画
「私たちの青春、台湾」
見てみたい。

 中国人留学生の受けた衝撃(1/2ページ) - 産経ニュース
同じ中華圏の中で幸せな解決方法を見つけて欲しい
>2014年3月に馬英九政権(当時)の対中接近策に危機感を募らせた台湾の学生らが、立法院(国会に相当)に突入し、議場を占拠した「ヒマワリ学生運動」を中国籍の女子留学生の目を通
普通にイオンシネマやTOHO系で観たいなぁ🎬
イイネイイネコリャいいね‼️
観たいです💗
>監督の傅楡(ふゆ)氏「台湾や香港が中国からいかに強い抑圧を受けているか、学生がいかに必死に戦っているか、日本の人々にも危機を感じ取ってほしい」
この時期に、両親(おそらく共産党員)が大陸に居て台湾で民主化活動をやって無事でいる傅楡(ふ・ゆ)さんは中共の工作員の可能性があるので要注意。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR