TOP > 国際 > 中国外相、モンゴルと内政不干渉を確認 中国語強化への抗議活動にくぎを刺す狙いか - 産経ニュース

中国外相、モンゴルと内政不干渉を確認 中国語強化への抗議活動にくぎを刺す狙いか - 産経ニュース

【北京=三塚聖平】中国の王毅国務委員兼外相は15日、訪問先のモンゴルの首都ウランバートルで同国のエンフタイワン外相と会談した。中国外務省の発表によると、互いに相…...

ツイッターのコメント(19)

『国家主権と領土保全を相互に尊重し』

あきれる。
ジンギスカンはモンゴル人ではなかった?
これが中国のやり方。重大な を脅しにより正当化。中共の解体と民主化が遠のく現実。
モンゴル人に対する中国語強制使用の問題を報道してくたのは産経ニュースだけなのか?

産経以外のマスメディアは、親中なのか?
モンゴル語を教えるのをやめるのは
問題無いでしょ?というダメ押しをしたということ。

ウイグルでは教師が、先生の職を奪われ
投獄や、清掃員へ職替えなどが。
モンゴル、脅されたか。
交渉するのはいいけどこんなセメントいて国家が約束なんぞ守れるのかね
他国への内政干渉を行うChinaが、他国に言うのだから滑稽である。
Chinaが他国に求めることをChinaが守る必要はない、と彼らは考えています。
つまり手を出したら許さんぞという脅しですな。。。モンゴルに軍事援助する国が現れたらいいとおもうけどね。
他国に口出ししまくるクセに、都合良すぎ…
「内政には不干渉」でも「市民活動を支援」という線は
冒頓単于、激おこ案件
中露に挟まれた弱国の悲哀。相撲は強いんだけど、自民族を助けられない。
中国外相がモンゴルへ行ったのは、内モンゴル情勢に手も口も出すなと釘を刺しに行ったわけか。
中国共産党はいつものように口を出すなと圧力をかけるのですね。内モンゴル文化を守ろう。

#モンゴル語教育廃止反対
本当にこれで済めばいいけど。
ダメダメダメだコリャ世界の害毒中国‼️

中国の内モンゴル自治区で中国語(漢語)を使った教育が強化されたことに抗議活動が起きている問題に関し、モンゴル側が干渉しないようくぎを刺したものとみられる。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR