中国が低出力核実験の疑い 米国務省が報告書で公表 - 産経ニュース

【ワシントン=黒瀬悦成】米国務省は15日、核不拡散や軍備管理の履行状況に関する報告書を発表し、中国政府が爆発力を抑えた低出力の核実験を極秘に実施している可能性が…

ツイッターのコメント(45)

敵をピンポイントで攻める核兵器。狙いは日本? 憲法改正いつまでもたもたしてるんだ!💢
原発反対を日本でデモするのに、ウイグルの核実験には無関心の在日諸君。
嫌いだ。
中共がウイグルで核実験を再開した可能性とウォールストリートジャーナルが記事にしていた。国務省の報告書からシナが低出力核実験を極秘に実施しているという。一方、人民解放軍海軍は連日にわたり尖閣諸島周辺で日本を挑発する。結果的に は兵器になっている
人民解放軍は米国との戦争の準備に入ったのでは。
誘導兵器を組み合わせた小型核爆弾の実験かもしれない
2020.2.5
米国「低出力核弾頭」配備
2020.4.15


使えない核から使える核へ
コロナが落ち着いたら
米中衝突不可避やなー
> 米国務省は15日、核不拡散や軍備管理の履行状況に関する報告書を発表し、中国政府が新疆(しんきょう)ウイグル自治区のロプノール核実験場の「稼働」に向けた活動を活発化させていると指摘した。
日本もやろうぜ!
火事場泥棒としか言い様が無い中国‼️世界は要注意‼️
米国務省、中国が2019年を通じ、爆発力を抑えた小規模核実験を実施した可能性があるとの見方を示す。新疆ウイグル自治区の核実験場での活発な活動を継続。大規模な掘削の実施や、爆発を封じ込めるための格納容器の使用も指摘。
 
PR