TOP > 国際 > 国籍、年齢、性別「積極広報」で感染抑止 シンガポール - 産経ニュース

国籍、年齢、性別「積極広報」で感染抑止 シンガポール - 産経ニュース

15コメント 2020-03-08 16:05  産経ニュース

【シンガポール=森浩】世界で新型コロナウイルスの感染が広がる中、シンガポールの対応が注目されている。7日までに138人の感染が確認されているが死者は出ていない。…

ツイッターのコメント(15)

プライバシー完全無視作戦取ってる国がもう一つあったわ…:
遠慮なしだね
インド、バングラ、パキからの出稼ぎ労働者が心配だよ!
"実名こそ出ていないが、番号とともに国籍、年齢、性別、病状の重さなどを公表"
"感染者が出た企業名や施設名、イベント名の詳細も公開の対象"
"感染者がどのクラスターに接触していたかも公に"
素晴らしいな。「騒ぎすぎ」「風邪・インフルエンザ程度」「入国規制は意味が無い」等とCoverStoryで実態を隠し国民や政府に甘い対応を煽ってきた日本の「専門家」とはエラい違いだ。
官僚は逃げ道を入れた法案しか作らない!
「日本が情報公開について、基本的に自治体や企業側に対応を委ねている点とは異なっているといえる。」
シンガポール(産経新聞) 中国武漢肺炎🇨🇳🇨🇳🇨🇳
コロナ感染拡大防止対策に、情報発信の仕方も重要みたいです。
シンガポール政府は毎日Whatsapp(日本のLINEに相当)を通して、各感染者数の詳しい情報を国民に直接通知。記者会見、メディアを通す日本政府とは、スピード感が全く違う
シンガポール(産経新聞)

📌感染者が出た企業名や施設名、イベント名の詳細も公開し、多くの情報を国民に共有。

📌入国時、罰則付きの自宅待機命令
国籍の公表は大事。日本政府が公表を遅らせれば遅らせるほど、中韓特に中という疑惑が高まっていくのだが。

【 シンガポール】
@Sankei_news  感染者個人の情報公開発信は感染拡大に歯止めがかかると思う。日本の対応は生温い。日本は麻薬やっても2〜3年の刑罰。
日本も導入して欲しい。
シンガポールでは「国籍、年齢、性別、病状の重さなどを公表」している。
政府が発信する「信頼できる情報」の重要性。現在の日本政府の対応は、一元化された情報管理対応とは到底言えず、危機管理判断が遅く情報が正確ではない。何を重要とし緊急対応するか、国自体が試されている。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR