TOP > 社会 > 新型肺炎「カンボジアルート」の感染拡大に懸念 クルーズ船下船者が発症 - 産経ニュース

新型肺炎「カンボジアルート」の感染拡大に懸念 クルーズ船下船者が発症 - 産経ニュース

【シンガポール=森浩】新型コロナウイルスに感染した疑いのある乗客がいるとして日本などが入港を拒否したクルーズ船「ウエステルダム」をめぐり、感染確認が不十分なまま…...

ツイッターのコメント(19)

後から分かってくる一例。
日本のクルーズ船に対する対応がまずかったのかはわからない。
>カンボジア保健省は下船者に「世界保健機関(WHO)とも連携した独自の健康確認をした」と説明したが、どのような方法で確認したかは分かっていない

「独自の」・・・


この後に残った乗客や乗員もそれぞれ700人規模の検査が1日や2日で完了して全員陰性らしい。
@Sankei_news
カンボジア政府は、新型コロナが潜伏期間が2週間あるの知らなかったのかな?💦陽性率60%の検査をして2週間船内に留まらせて下船も、下船させて2週間隔離しないのもどちらも間違いだよね。
未知のウイルスに対しどういった対応が一番正解なのか、既知の知識でしか対応のしようがない。結果が良ければ称賛され、悪ければ非難する。マスコミは無責任を拡散する。
@Sankei_news 日本はウエステルダム感染者1人だけでは困るのでは❓
日本に於いても一部限定の入国禁止措置の水際対策で他の地域からは、アンケート調査を使用した自己申告、性善説に頼った甘い対応。チャイナマネーに目が眩み、親中派首相の中国への忖度や依存の経済政策がカンボジア国民の健康と生命を脅かす結果にならない事を切に願う。
記事より:「感染者はいない」との前提で下船を進めたカンボジアはメンツがつぶされた格好だ。

既に1200人下船済みで追跡困難、日本は非難されたけど下船させなくて○。
危機管理と差別を区別出来ない阿呆(WHO)のせいでこんなことに。
カンボジアからの訪日者も警戒せねば

>カンボジア保健省は下船者に「世界保健機関(WHO)とも連携した独自の健康確認をした」と説明したが、どのような方法で確認したかは分かっていない。


@Sankei_news
日本人は感染の有無じゃなく日本への帰国方法を心配しなさい!
カンボジア「我々は差別はしない。あなた方は自由だ!」

下船者がマレーシアに移動後感染発覚

カ「そんなはずはない」

マ「再検査したけどやっぱり陽性」

おい・・・
これを見ると、日本の対応の方が正しいのかもしれません。
100%カンボジアの落ち度だろ。
> しかし、翌15日にマレーシアに移動した乗客の米国人女性(83)の感染が確認され、事態は一変した。カンボジアはマレーシアに再検査を要求したが、結果は変わらず陽性。「感染者はいない」との前提で下船を進めたカンボジアはメンツがつぶされた格好だ。
(。>д<)ほら!懸念してた通りの展開。
批判を承知で慎重な日本の対応を無視して、ヒーロー気取りしたカンボジア政府の責任は大きいぞ!
ダイアモンドプリンセスの出航が1月20日、ウエステルダムの出航は2月1日。いずれも既に新型肺炎の発生が確認された後である。様々な国籍の乗客が乗り合う事から感染の可能性が高いクルーズに参加する事のリスクは当然、自覚していたはず。自己責任ではある、
今やクルーズ号もピースボートや万景峰号にソマリア海賊船と同列の世界中どこもお断りの厄介者やな
カンボジア国内でどの程度感染が広がるのか注視。 ->
中国全土より先に、カンボジア渡航者の入国制限が決まる可能性すらあるのでは?フン・セン首相アンコールワット観光を下船客に勧めたって本当??
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR