TOP > 国際 > 北朝鮮、新型SLBM「北極星3」試射に成功と報道 「外部勢力の威嚇を抑止」 - 産経ニュース

北朝鮮、新型SLBM「北極星3」試射に成功と報道 「外部勢力の威嚇を抑止」 - 産経ニュース

14コメント 登録日時:2019-10-03 10:09 | 産経ニュースキャッシュ

【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、国防科学院が2日に東部の元山(ウォンサン)湾水域で、新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星3」の試射に…...

ツイッターのコメント(14)

の独自核配備は義務である。

、新型SLBM「北極星3」試射に成功と報道
北朝鮮、新型SLBM「北極星3」試射に成功と報道 (産経新聞)
この事を日本はどう考えるか。何も考えないか。
( ´Д`)=3
1.在韓米軍撤退後に空爆
2.経済制裁を続け、体制崩壊手前で再交渉
3.中露からの技術移転
話半分でも日本は早急に国防強化しないとヤバイぞ!
売国野党は反対するだろうけどあいつらの何割かは朝鮮系だからな!
簡単に言えばミサイル防衛も難しくなるという事。敵基地攻撃能力、報復能力を持たないと抑止も聞かなくなりつつあるという事だろう。まぁ、弾道ミサイルの脅威は寧ろ中国ロシアではないのか。呑気な事が平和ではない。
ICBMより脅威かも。
トランプはどう出るか!
どこで技術を入手したのか、水中発射管は完成?戦略ミサイル原子力潜水艦(SSBN)は、本土が核攻撃を受けた際に核ミサイルによる報復攻撃が主な任務!「相互確証破壊」が成立した2国間では軍事的衝突は発生しないとされるが、北朝鮮には原子力潜水艦はまだ無い? @Sankei_news
朝鮮総連、民団、中核派などの極左団体、関西生コンなど極左労組に破防法の適用が必要です。
アイヌ新法、文化庁補助金、文科省科研費などが、反日活動や北朝鮮への資金源になっている可能性あり。特別永住の特例法も廃止法案を!
新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星3」の試射に「成功」したと報じた。
虎の尾を踏む北朝鮮
米国はどこまで黙認するだろうか?
北の核兵器開発は少しずつハードルをクリアしながらいずれ実用可能になり、
その時はもう遅い。
面倒なことになってきた。北朝鮮を攻撃しようとするなら、地上の発射台だけじゃなくて、潜水艦も同時に仕留めないといけなくなってきた。逆に見れば、金正恩は国防上必要な手を着々と打ってる。
朝鮮共和国、新型SLBM「北極星3」試射に成功と発表
以上

記事本文: 北朝鮮、新型SLBM「北極星3」試射に成功と報道 「外部勢力の威嚇を抑止」 - 産経ニュース