TOP > ニュース総合 > 産経ニュース > 革命40年のイラ...

革命40年のイラン、軍備強化推進を強調 首都は反米ムード一色に(1/2ページ) - 産経ニュース

12コメント 登録日時:2019-02-11 21:14 | 産経ニュースキャッシュ

【テヘラン=佐藤貴生】イランで王制が崩壊し、イスラム教シーア派の法学者が権力を握った革命から11日で40年となり、国内メディアによると全国各地で数百万人が革命を…...

Twitterのコメント(12)

首都テヘランで演説したロウハニ大統領はミサイル開発など軍備増強を推進する方針を強調し、核合意を破棄して経済制裁を再開したトランプ米政権に屈しない姿勢を鮮明にした。
イランはレイシスト軍国主義国家。
絶対に許さない(激怒)
どんどんエスカレートしていくのかなぁ。
そもそも世界で起きてる紛争の種はかつて欧米列強が蒔いたものがほとんど。現代においては米英とイスラエルがほとんどと言っていい。
首都テヘランで演説したロウハニ大統領はミサイル開発など軍備増強を推進する方針を強調し、核合意を破棄して経済制裁を再開したトランプ米政権に屈しない姿勢を鮮明にした。 (産経新聞)
議会の一番左に位置する政治勢力日本共産党と中核派山本太郎・そして議会の一番右に位置する政治勢力日本第一党と日本国民党なる文化防衛政党ならぬ文化大革命政党はこの反米ムードを支持します
かのアフマディネジャドすら手緩いと評していた、イランの主流を占める保守強硬派のヤバさがねえ。:
今年はヴェルサイユ条約100年、世界恐慌90年、第二次大戦勃発80年、イラン革命40年、東欧革命30年のようにネタに困らないので逆に絞りづらい
なんかここもそうなのかな?ソ連対米国のまま。教育もそうなのかな?(・_・;)
■ )

【テヘラン=佐藤貴生】イランで王制が崩壊し、イスラム教シーア派の法学者が権力を握 - (産経新聞)
「制裁に効果はない」「トランプよ、この大群衆を見よ」などと気勢を上げ、反米一色に染まった そんなイランがかつて親米で軍隊には米軍の当時の最新装備があったり。所詮は「今の体制はまだ40年」なので上層部は過敏になるでしょうね。
革命40年のイラン、軍備強化を推進 首都は反米一色
以上

記事本文: 革命40年のイラン、軍備強化推進を強調 首都は反米ムード一色に(1/2ページ) - 産経ニュース

関連記事