TOP > 社会 > 【緯度経度】マクロン仏大統領、危険な賭け 国民討論会の「罠」(1/2ページ) - 産経ニュース

【緯度経度】マクロン仏大統領、危険な賭け 国民討論会の「罠」(1/2ページ) - 産経ニュース

18コメント 2019-02-04 13:18  産経ニュース

18世紀のフランス革命の亡霊が、蘇ったようだ。革命前夜、ルイ16世が民意を知ろうと設けた「陳情書」が、マクロン大統領の下で復活した。全国約5000カ所で、市民は…

ツイッターのコメント(18)

@Sankei_news
司会者が「何でも話してください」と言うと、早速、「金持ちの課税逃れがひどい」という発言が出た。
〈国会審議は全く報道されない。1月の世論調査で「政党を信用する」と答えた人は9%まで減った〉
年寄りにデジタル化を押し付けるなはどの国でも共通なんだなー
フランス革命も文化大革命やロシア革命と並ぶ悪の暴力革命ですから(;ω;)
「マクロン氏は結構、楽しんでいる。各地の集会で国民と膝をつき合わせ、「生活改善のため、改革は絶対必要だ」と説得を試みる。「直接民主主義」を彷彿(ほうふつ)とさせる討議が気に入っているらしい」
支持率も上がったそうです。首相も市民と対話してほしいですね。
“大統領にとって、国会をスキップして国民と対話することは、権力基盤の強化になるだろう。だが、黄色いベスト運動に煽(あお)られて、手法はどんどんポピュリズム(大衆迎合主義)に近づいていく。”
まさか日本の「支持政党なし党」が最先端を行っていたとは!w
「政策はありません。すべてネット投票で決めます。」
その先は、MAGIシステムによる統治だな!

マクロン仏大統領、危険な賭け
一般意思3.0かと一瞬思ったけど、1.5ぽいすね。
なぜマクロンはギロチンに掛けられそうなことばかりするのか
まあダメリベラルはこんなもんだろうけど
>マクロン氏は先週、仏メディアの記者を集めて、「国民投票も検討中だ」と述べた。さらにポピュリズムに扉を開けば、

どうしようもないな。
「国民のみんなの為に色々決めたいのに議会が妨害するんだ(棒)」とかで議会停止して独裁体制に走る流れか?。同士マクロンと呼ばれる日も近そうだ。
黄色いベスト「週35時間労働、年5週間有休を守って生活を向上させろ、ワーワー」
マクロン「了解。で策は?」
黄色「それはお前が考えろ、ワーワー」|
どんな法案を作っても、みんなを満足させることが不可能。
「満足」を公約するポピュリズムの欠陥はそこにある。
【緯度経度】プロ不在のポピュリズム 仏マクロン大統領と国民の「討論」
「目下、最大の敗者は「議会制民主主義」のようだ。」
多くの方に読んで頂きたい。

これが現在の「産経新聞」の論調です。

国民国家を重視する
素朴な国民の常識的政治行動を指して
「ポピュリズム」と見下す。
エリートたる自分が
愚民どもを教育してやるとの傲慢さが
見え隠れしています。

これが「産経新聞」の本性です。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR