TOP > 社会 > 米、核軍縮条約離脱方針 トランプ氏、露の違反非難 - 産経ニュース

米、核軍縮条約離脱方針 トランプ氏、露の違反非難 - 産経ニュース

21コメント 2018-10-21 06:36  産経ニュース

トランプ米大統領は20日、西部ネバダ州で記者団に対し、米国と旧ソ連が結んだ中距離核戦力(INF)廃棄条約にロシアが違反していると非難した上で、ロシアが違反を続け…

ツイッターのコメント(21)

で青山議員がご指摘の核軍縮条約をトランプ大統領が勝手に破棄した報道。米ソ二国間条約だから中国、北朝鮮が米国に届く長距離核を持つリスク位考え付きそうなもの
産経ニュース: トランプ氏「露は尊重してこなかった」.
抑止力としての使えない核から、規模が小さく限定的に使える核兵器の時代への転換期。

世界中に核戦争の危険性が一気に広がって行く。

産経ニュース: トランプ氏「ロシアは尊重してこなかった」.
トランプ米大統領の「国を守る」姿勢は相変わらずだ。それに比べ、国を守る政策は不動で、国益が損なわれる政策が次々と動く我が国はいったいどこへ向かう。
ロシア、中国、北朝鮮そして韓国に国際社会での約束事を守るという概念はありません。欧米諸国もようやくそのことに気づき始めたようです。
また国際情勢が不安定になりそうですね。円高に振れるかな?
ロシアが悪いと言いつつ、本当の狙いは対中国でしょ。

《トランプ米大統領は20日、…米国と旧ソ連が1987年に締結した中距離核戦力(INF)全廃条約を破棄すると表明》
いいですね。
日米台印で核シェアリングしませんか?

- 産経ニュース
二国間条約に於いて、日本も警告を与えるべき! 合意を守らない以上、基本条約破棄でいい!:
トランプ米大統領は、米国が旧ソ連と1987年に調印した中距離核戦力(INF)全廃条約は「終わらせるつもりだ」と述べ、破棄する意向を表明。ロシアの条約違反や、軍備増強をする中国への対抗である。
なるほど。
米メディアによると、条約の離脱には6カ月前の通告が必要。トランプ氏は「ロシアや中国が恐ろしい核兵器の開発をやめれば非常にうれしい。誰かが合意を破っている限り、米国だけが条約を順守するつもりはない」と訴えた。
アメリカの現状を色々変えてきてるのはわかるが、どういう意味を持つのか意図とかわからん <>
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR