TOP > 社会 > 中国外交旅券での入国を太平洋の島国ナウルが拒否 反発受け妥協 - 産経ニュース

中国外交旅券での入国を太平洋の島国ナウルが拒否 反発受け妥協 - 産経ニュース

太平洋の島国ナウルで3日から開かれているオセアニアの地域協力機構「太平洋諸島フォーラム(PIF)」年次総会に「域外国」として参加している中国政府代表団に対し、ナ…...

ツイッターのコメント(14)

中国は友好の国ではない。札束で相手を屈服させる外交、いや侵略を続けている。反抗する者はチベット民族のように民族浄化【虐殺】を続ける!今現在も!→
ナウル国が、正しいのに。
「中国の外交旅券での入国を太平洋の島国ナウルが拒否」

「台湾と外交関係を持つナウルは外交関係がない中国の代表団に一般旅券で入国するよう伝えた。中国から多額の援助を受けるサモアが反発し総会ボイコットを警告。ナウルは妥協し外交旅券を使わない形で入国を認めた」
最後には押し切られたナウルだが、最初は意地を示した。日本も参考になる。
外務省は動かんだろうなw台湾の友好国=親日国って訳でもないが、明らかな敵意を持つ国と付き合うよりましだろうに。
中国外交旅券での入国を太平洋の島国 が拒否
台湾と外交関係を持つナウルは、外交関係がない中国の代表団に一般旅券で入国するよう伝えた。だが、PIF加盟国で中国から多額の援助を受けるサモアが反発。ツイラエパ首相がナウルのワガ大統領に総会のボイコットを警告した。
台湾と外交関係を持つナウルは、外交関係がない中国の代表団に一般旅券で入国するよう伝えた。だが、中国から多額の援助を受けるサモアが反発。ツイラエパ首相がナウルのワガ大統領に総会のボイコットを警告
台湾と外交関係を持つナウルは、中国の代表団に一般旅券で入国するよう伝えた。中国は多額の援助してるるサモアのツイラエパ首相を使って交渉したが、外交旅券を使わない形で入国を認められた。
>中国から多額の援助を受けるサモアが反発  結局こうなっちゃうのよね・・
@SatoMasahisa サモアは信用できないねー
【 反発受け妥協】 - 産経ニュース @Sankei_news サモワは中国の手中か
なるほど。サモアは中国の支配下か。
台湾に配慮し、中国外交団に外交旅券入国を拒否したナウルの態度は立派でした。しかしサモアは支那の手先だったのですね。
以上
 

いま話題のニュース

PR