TOP > 社会 > 外来カミキリ被害、和歌山県で初確認 - 産経ニュース

外来カミキリ被害、和歌山県で初確認 - 産経ニュース

12コメント 2019-12-26 07:41  産経ニュース

ウメやモモなどの果樹に被害を及ぼす特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」の被害痕跡が和歌山県内で初めて確認され、県が25日、発表した。被害痕跡の「フラス」が、かつ…

ツイッターのコメント(12)

さくら、桃、梅、りんご…などバラ科の木に寄生しいずれ枯らせてしまうカミキリムシが発見された…
中国から渡ってきたものらしいが…
酷い場合には園地全滅してしまう場合もあるそうなので農家は気をつけ!
あれ? 桃や梅を中国あたりから緊急輸入したほうがいいんじゃないですかね?

@MAFF_JAPAN
@abeshinzo @sugawitter
幼虫美味しいんだったらなあ、、食べて駆除できそうなのになあ〜
カミキリはホントに木をダメにする、ホントに注意。カミキリを見かけたら叩き潰すべし
えらいこっちゃ
何処から紛れてきたのか?🤔
カミキリもかっこいいけど農産物に被害がでるとやはり駆除の対象なのかな😭
虫には罪はないけどね。
特定外来種は排除しないと危険です
従来からいる種に破壊的なダメージを与えることがしばしばです
これで、桜の木もやられるらしい
かなりまずいヤツです
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR