「毎年のように間違い」堺前市長の次女 ずさん会計処理 - 産経ニュース

竹山修身前堺市長の政治団体の会計実務を担っていたのが次女の渡井理恵会社役員だった。事情を知る関係者は「(次女は)こまめな作業を怠り、毎年のように間違いがあった」…

ツイッターのコメント(22)

これでよく、あんなに平気に『潔白です‼️』
とか、嘘言えたな?
やや、惻隠の情を催す。
家族内だけで多額の政治資金を扱うことが常態化し、ずさんな会計処理を招いた可能性がある。
#トンデモナイゴミ竹山修身前堺市長
ちょっと意味が分かりません。
この渡井理恵って、やっぱり三国丘出身なんや
やれるじゃん。サンケイシンブン。
家族の杜撰な会計で詰め腹を切った堺市長。
いわんや事務所で国家的ずさん会計の首相様のくびの行方をや。
「橋下氏らと決別した25年の市長選では各党が竹山前市長を相次ぎ支援し、献金が増加。3選を決めた29年も同様の傾向があった」

こんな奴が政令都市の市長やってたんだ。

(産経ニュース) - LINEアカウントメディア
 
PR
PR