TOP > 社会 > 産経ニュース > 進むゲノム編集、...

進むゲノム編集、揺れる科学界 生命操作の許容範囲は(1/3ページ) - 産経ニュース

17コメント 登録日時:2019-02-11 01:38 | 産経ニュースキャッシュ

狙い通りに遺伝子を改変できる「ゲノム編集」を使ってヒト受精卵を改変し、双子が生まれたと中国の研究者が主張し、中国・広東省当局が事実と確認したとする調査結果を公表…...

Twitterのコメント(17)

「さわらぬ神に、祟りなし」
何事にも限界はある。人間にも、越えてはならぬ一線がある。

原子力しかり、医学しかり、「科学万能」を謳うだけで、それを止めないままでは、人類全体がしっぺ返しを食らう。
この辺りは難しいよなぁ。。。従来の病気には耐性を持たせることは可能かもしれへんが、それによって新たな病気を招く危険性とかも。。。(゚д゚; )
病気やアレルギーの克服に焦点を置いてするなら俺は容認派。というか推進派。
生まれ持ちでアレルギーを持ってると、それが無かったらなーって思うしね。
遺伝子をいじる技術は、もうやめたほうがいいと思う。どんなに都合の悪い遺伝子も、授かり物。その人を否定することにならないだろうか。
人類の進化に影響って言うけどこの技術自体も未来から見たら進化のパターンになってそう
"厚労省と文科省は、ゲノム編集を行った受精卵を人や動物の胎内へ戻すことは認めないとする指針案をまとめた。ただ、あくまでルールで、罰則はない。藤堂具紀東大教授は「技術の悪用を防止するためにも法整備が必要だ」と指摘。"
家畜でもゲノム編集できないのに、話が早いよなぁ。むしろ、人間でも品種改良的な話になるかと。
これはもう完全にガンダムSEEDの世界来ますわ、コーディネーターとナチュラルの争いが現実に(´◉ω◉)
どこに変なスイッチがあるか分からないのに
リアルにガンダムSEEDやメタルギアの世界になるのか。コーディネイターには生殖率が低下する問題があったし、3S計画はそもそも生殖機能を持たせなかった残酷な計画だ。
ゲノム編集に限る話じゃないけど、特定の研究・技術に対して「安全や不測の事態が起きた際の影響に配慮を」ではなく、はなから「許す・許さない」の文脈に持ってく風潮嫌い。神様から委任状でも貰ってんの?
りんりりんりと鈴虫の大合唱。
人間は作るものか?その48

どこまで許させるか?それを決めても必ずデザイナーベイビーは作られるだろうね!
ああだこうだ言ってルール作ってもきっと別のところで研究されるんでしょう。もう止まらない気がしますね。
ゲノム編集ってとうとうコーディネーターが生まれる時代が来たのか... >
優性を子孫に残すと言う野望を叶えるため、儲けるためにヤってる国や民間はあると思う。
研究倫理の良心に委ねる?ヤる奴が守るわけないやん。国際法規制必須。
未知の結果に対する恐れは大きい。
以上

記事本文: 進むゲノム編集、揺れる科学界 生命操作の許容範囲は(1/3ページ) - 産経ニュース

関連記事