TOP > スポーツ > ナイキの厚底にアシックスとミズノが反撃 五輪前に新シューズ発売へ(1/2ページ) - 産経ニュース

ナイキの厚底にアシックスとミズノが反撃 五輪前に新シューズ発売へ(1/2ページ) - 産経ニュース

170コメント 登録日時:2020-01-18 19:21 | 産経ニュースキャッシュ

米ナイキ社の厚底シューズが国内外のマラソン・駅伝レースを席巻する中、日本メーカーのアシックスとミズノが反撃に向けて新型シューズの開発を急いでいる。正月の全日本実…...

ツイッターのコメント(170)

いやだから、それヴェイパーフライと同じ仕様じゃない?>>「厚底で、つま先部分がせり上がり、曲がりにくい構造によって「おのずと重心が前へ移り、足首はあまり動かない。転がるように楽に足を運べる」大橋広報室長
創価大の嶋津君が履いてた謎ミズノはこれの試作品だったのか
大阪!ミズノ頑張れ!負けるなミズノ!
もう足袋でいいよ。
トラディショナルなモノが自分は、好きなんだけど
協会が、ルールがと構想~実験で止めていると、冒険してくる企業がパイオニアのように見られる戦略を打って来る。お国柄もあるし、出方じゃ潰されるってのもあるが。水面下の勝負は怖い。 #本気でフザける塾
いっそ陸王作っちゃえばいいのに!
なんだ。10区の選手すごいなと思ったけど、10区の選手もアシックスのプロトやったんか。
厚底シューズが禁止になったら、いよいよドクター中松のジャンピングシューズの出番だと思う…。
なんだか、おもしろくなってきたな。
NIKEの独壇場阻止、対抗してやろうとアシックスとミズノが開発した靴

内容的にいいと思うね。アシックスは元旦であった駅伝で区間賞、ミズノは箱根駅伝の最終区で区間賞

続き
これが正当な戦い方。
なんでも禁止にするとスポーツ反映しないよ。
こう言うのもう国の企業対決させたら良い。元々アフリカ勢の身体能力云々あるんだし、国家間企業対決!!実は人間の能力は限界に来てて100m9秒で走れるかどうかはシューズだったり?いやもうロボットを走らせてって時代も来るかもしれない。
当然、競合他社はこうするよね。じゃないとスポンサーになれない可能性出てくるし。

あと、道具の一部を規制するくらいなら裸足で走れ、ってところに行き着いちゃうよね。
だから規制なんて良くない。技術革新(道具...
__〆(..)メモメモ: 五輪前に新シューズ発売へ(1/2ページ) - 産経ニュース
さて、経済格差とか言ってた彼の人はどう言うだろうな。こういう技術の進歩を無くして、世の中をどんな風にしたいんだろう?
規制するより自由競争したほうが良いような…
少なくともヴェイパーフライは市販されている。
箱根でミズノやアシックスのプロトタイプが使われたとしたらルール違反では?
もしドラマの「陸王」に続編があるなら、このあたりの話も絡んで来そうですが、最終的に「禁止」となるなら、ルールに翻弄されるだけの話になっちゃいそうですね。
オリンピックイヤーはどの競技も各メーカーが素晴らしい新作を出すから毎回楽しみ。
ナイキに対抗しようとするアシックスとミズノ。世界陸連の大会で使用禁止になるとかよりも売り上げ。
で、どの会社も利用禁止対象になって技術が停滞しましたとさ
ミズノのシューズぜひ履いてみたい
協会がスペック切ればいいだけのような気がするんだけれど、なんでそうしないのかしら?
こはぜ屋は陸王をどう改良し進化させているのだろうか。気になるw
今こそ瞬足をだな(ry
反撃ではなく追随ではなかろうか…
日本勢も来たか
ナイキのシューズにどれだけ食らいつけるか。 どんな商品も発売発表からの販売促進が弱い日本の企業だが性能はいいと思うから、今回は頑張ってほしい。
これ、ヴェイパーフライだけ禁止されたらナイキだけ泣き見る事になるやん……
お?おもろくなってきたのでは?w
お。かつてのF1タイヤウォーズみたいに面白くなってまいりました

 五輪前に新シューズ発売へ(1/2ページ) - 産経ニュース
樹脂製とはいえプレートをソールに使ってるから、ミズノってそのあたりの知見が積み重ねられてるはず。
両社のプロトタイプは靴底の厚さが一般的なシューズの範囲内だ。内蔵プレートはカーボン製ではないという。
ここはやはり、コハゼ屋に親指と人差し指を分離した靴を作らせないと
厚底シューズや高速水着などの新技術を禁止するのでなくて、追いつけ追い越せと切磋琢磨してほしい。
これって何を問題視してるんだろ。
技術革新は止まらないし良いことだとだし、道具が発展して記録向上に繋がるならいいと思う。怪我しやすくなるとかなら問題だけどそんな統計もないだろうし。厚底禁止にする理由がいまいち分からない。
良い技術はどんどん出てくる!!

@Sankei_news
日本企業頑張れぃ‼️
NIKEの一人勝ちを他社が黙って見ているわけが無いですよね。
アシックスとミズノの新シューズがランナーにとって記録を伸ばすものになるのであれば、NIKEだけが割りを食うのはおかしいと思いますし、シューズの進化を考えると、自由競争で良いのではと思います。
高い反発力と推進力のある靴の開発は、競技の使用では、やはりやめるべきでは!
禁止で開発が無駄にもなるんだよね|( ̄3 ̄)|
アシックスが発売されたら、間違いなく買う。
@pungter ただ現状はナイキ独占って感じだしかなり先行していた分、データベースの差はかなりありますね。後発組のアシックス、ミズノなんかも厚底でない、カーボン製ではないと独自の色が出てるので各社の技術の争いも面白いんですけどねを
厚さを規制するとかいう話だったっけ?
狭い中であれこれやる開発競争になったら日本の独壇場だと思うがどうなるやら
厚底シューズが禁止されるかも
というニュースが流れている一方、他のメーカーも高反発シューズに参戦
大会・試合で使えなくても、選手以外なら普段のランニングの標準になる
風は日本から。定価15000円以内を望みます🙏参萬円は皆が出せる値段ではありませんよ。
とても良い流れだ。
企業同士が選手達のために知恵を絞り出しながら、シェアを奪い合っている。その結果、新しい価値が生まれる。
しかし、企業同士のシェア獲得が目的になり、選手達に価値を提供できなくなるのは本末転倒なので、そこだけは忘れないでほしい。
マラソンはシューズで走るんやない!

と、カッコつけたいところやけど、

シューズは本当に大切。

金と時間最もかけるのが、シューズ。

厚底は選択してませんが。
1/18(土) 19:06配信
競い合って成長するのはアスリートもビジネスも一緒。
ナイキが次世代のスタンダードとなる製品を生み、競合が技術開発に投資し、市場全体の技術水準が底上げされる。どこかが価格破壊すれば普及が一層進む。えぇ話やと思う
他メーカーの反撃は当然の成り行きで、制止する理由はない。選手が安全に速く走れるのであれば歓迎すべき競争といえる。もし世界陸連が、競争の激化によって異形のシューズが現れることを懸念するならば、寸法の限度値を規則に追加すれば良いだけだろう。 @Sankei_news
対抗製品も全部禁止されて物議を醸してほしい:
こういう事よ。企業同士がライバルとして良い物を出し合うんだから安易に禁止するのは野暮ってもんよ。それでも駄目ならマッパに腰布だけの古代オリンピックにすればいい。
厚底シューズ、多数のメーカーから不平等なく購入出来るようになるのが先か、規制されるのが先か
企業間の競争、切磋琢磨が望ましいですね。

競泳のレーザーレーサーが記憶に新しいですが。

オリンピックイヤーなので付け加えると、
スポーツは政治と別物
の趣旨は分かるけど、
スキージャンプにしろ、
日本が強くなるとルール改正して叩くのは、日本の政治力の弱さか。
陸連っておかしいですね。いつまで遡ればいいというのでしょう。>
アシックスもミズノも最高(^O^)/
やっぱり、ナイキよりもこの2社でしょ。
厚底シューズで問題視されているのが、プレート内蔵と言う点だと思っていたのだが違うようだな。
アシックスが厚みは今までとさほど変わらず、カーボンでは無いプレートを入れる事でコレをクリアと出て来た。
一言で『厚底シューズ問題』と言うのもどうなのだろかね...
使用禁止じゃつまらないし他メーカーがもっといいもの作る流れがあればいいだけでしょ
自転車にモーター積みました、とは違うし
スニーカーというマス市場の話題だしオリンピック直前で広告費確保、日本の広告代理店やメディアには格好の話題って感じ>
箱根駅伝で話題をさらった「ピンクのヴェイパーフライ」。
国際陸連は公式大会での使用禁止へ動いていますが、それを待つまでもなく、日本が誇る二大メーカーは反転攻勢に転じるべく開発を進めているとのこと。

私はランナーでもあるので、ランシューの進化にも期待してます!
日本メーカーも黙ってない。IT の分野もこうなればいいのにね。
陸連の規制報道さえなかったら、素直に楽しみなニュースなのだが。
ナイキの靴が変な装置やバネなどを使用していたら問題と思うがそうでない靴を禁止するのはいかがなものかと思う…

そんな禁止をするなら全く同じ物でやボクシング並みに階級制等必要では?
NIKEの厚底シューズが禁止になったが、これは試合でシューズ確認がされるということなのかな。
フィールド種目だと、ピンの長さを見る検査が行われるが長距離はどうなんだろう。
こうでなくちゃ
アシックス、ミズノ頑張れ
TVでは、箱根駅伝の区間賞は10区だけヴェイパーフライでなく普通の靴でよく頑張ったなんて言ってたけど、試作品ってある意味もっとタチ悪い。これだからTVは信用ならん。相変わらずのクソ。
こういう戦いもおもしろい。 /
こういう開発競争を経てスポーツ用品は進化するんだから、世界陸連は黙って見てろって話になる。
「規制の中でどれだけ工夫ができるか」でいいのでは?「シューズの性能」が結果を左右するほど大きい要素になってしまってるんだよね。なんならデザイン以外統一でもいいと思う。
間に合うのかな。
Discover(Google)から
そろそろマラソンでみんながドクター中松のジャンピングシューズをはいて走る姿が見れるんだろうなぁ…
反撃でどうなるの? 戦う相手が規制されてるし(ヾ(´・ω・`)
国産メーカーの反撃が始まった。
厚底やカーボンが禁止なら逆転勝利😎

両社のプロトタイプは靴底の厚さが一般的なシューズの範囲内だ。内蔵プレートはカーボン製ではないという。

産経ニュース: 五輪前に新シューズ発売へ.
箱根駅伝のミズノの白シューズな謎が分かった!→
ミズノのプロトタイプは製品化された時のデザインが問題。そこが変わってくれないとミズノは人気出ない。
アシックスもミズノも「選手に寄り添う製品開発は変わらない」とアスリート中心主義を掲げる。

 ただナイキ旋風に対して、アシックスは「黙っていない」(大橋氏)とし、今春に新製品を発売して巻き返しを図る。ミズ...
どの業界でも、他社製品購入して分解研究は当然のこと。
同程度の物は直ぐ出来ると思うが、ノウハウはその先にある。
この対決も面白い。
ドラマ、陸王みたいな展開。
そう、こうあるべき。
訳のわからん理由で開発されたものを禁止しようとする世界陸連の議論は、技術の発展を止め技術者の尊厳を損なう。
そのルールが本当に実装されたなら、軽蔑に値する。
じゃぁ規制かけなきゃいいじゃんねぇ
箱根駅伝で話題となったナイキの厚底シューズ。これに対抗した商品開発をミズノとアシックスがおこなっているという。ナイキのシューズを上回る性能か、新たな付加価値を乗せないと「ナイキのコピー」と市場に認知され、ブランド価値の毀損につながるリスクがある。
かつてのF1のタイヤ戦争みたく複数あった方が盛り上がるな
練習用のは底が厚いのに、上級者用、本番用はとても薄いのが僕には謎だった。高機能にした厚底の方が有利に思えて。(僕は膝を痛めやすかったからいつでも厚めのを履いてた。薄いの僕は走りにくくて…💧)
最新の技術が生かされて最高か記録が出ることはいいことだと思うけど、水泳にしろ、陸上にしろ待ったがかかるんだよね。
それなら裸足で走ることにしたらいいんじゃない?
胸熱の展開だー、
ドキがムネムネする🤤🤤
そりゃそうで、禁止されなければ黙って指を加えて見てるワケにはいられないのだから /
アシックスとミズノが厚底対抗商品を出すらしい。
どちらも靴底の厚さは一般的なシューズの範囲内

アシックスは市民ランナー向けのメタライドをアレンジしてメタレーサーを今春発表。

ミズノは箱根駅伝で一部の選手が履いていたプロトタイプを今夏発表。

どちらも楽しみ♪
メーカー同士が切磋琢磨して発展、進化がある。
安易に使用禁止を提案してる輩は考えを変えるべきだ、
開発者にもプライドがある。
いいじゃん、技術革新の始まりって感じ
ミズノはプロトタイプだから真っ白だったのか。
こうなると「特定の選手しか履けないからダメ」って理屈は通らなくなりますね。
他メーカーの奮起にも期待👍
イイ感じ‼️
日本企業はこうでなくちゃ‼️
今日の都道府県対抗駅伝でもお披露目あるかしら
もっと見る (残り約70件)

記事本文: ナイキの厚底にアシックスとミズノが反撃 五輪前に新シューズ発売へ(1/2ページ) - 産経ニュース

いま話題の記事