TOP > 社会 > 「太陽光バブル」の終焉 経産省、FIT見直し 野放図な拡大で利用者負担増 - 産経ニュース

「太陽光バブル」の終焉 経産省、FIT見直し 野放図な拡大で利用者負担増 - 産経ニュース

168コメント 2019-08-31 08:46  産経ニュース

九州で起きた「太陽光バブル」が終焉(しゅうえん)を迎える。経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)の見直しを打ち出した。平成24年度に導…

ツイッターのコメント(168)

供給される電気の質は、既存電力会社が賄っている。安定供給の為の設備補修の話などが抜けたまま、再エネは儲かる話となってしまった。当然、ブーメランのように返ってくる。
今更遅いとも言える。再エネ賦課金の問題は先行していたドイツで既に問題点として認識していた。
一般家庭が気付かぬ様にコツコツと料金積み上げてこの結果。太陽光バブル」の終焉
全国で近隣住人とのトラブルが多発しているのに放ったらかしにした国にも問題はあると思うよ

失ったものは戻ってこない
菅直人の巨大な負の遺産にメスが入ったと思ったら、今度は小泉進次郎なの(-∀-)。

令和元年度には、買い取り費用が全国で3兆6千億円、賦課金は2兆4千億円に達する見込み。
山一個丸ごと伐採してメガソーラーって…なんでそんな人間て愚かしいんかなぁ

それ見てやっぱ、原野商法て、結果的に原野の保護に貢献してるという一面もあると思うわけよ。やってる方はただの悪徳商法ですけど笑
「太陽光バブル」終焉
経産省は今月5日、「国民負担額の増加」などを理由にFIT見直しの中間整理案をまとめ、有識者委員会から大筋で了承を得た。メガソーラー(大規模太陽光発電)や風力発電を買い取りから外す方針
これと千葉のソーラーパネル火災見てまだ太陽光発電が魅力的だと考える人がいるなら考え直してくれ
もう投資としては最悪の材料だからな、儲からないし環境破壊で得しないぞ
再生可能だエコだと言いながら、結局は電力の買取価格を国民に負担させて政商が儲けるだけのクソ施策だったな
海外の失敗に学ばない経産省
「「国民負担額の増加」などを理由にFIT見直し…メガソーラーや風力発電を買い取りから外す方針」「失敗のない投資話」←消費税と違って資産家を儲けさせただけだしね。「消費に与える影響は、増税と変わらない」 / “ 野…”
こういう記事を見ると菅直人の顔が思い出されて腹が立ってくる。
こういう状況は、わりと見通せていて、自然エネルギー系の人からも指摘が出てたんだけど、当時、それを言うと、電力会社の手先とか原発推進派呼ばわりされたんだよね。
>如才ない業者には、失敗のない投資話に映った。

ん?
朝日ソーラーじゃけん!
民主党・菅直人政権時代からの負の遺産。

具体的に問題が出て来た。

大問題の責任は誰が取るのか?
@haiiro8116 私の周辺のほぼ全員の電気技術者は全員これを正確に予想して忠告もしていたんだけどね(´・ω・`)
真っ当な記事。関係者は最初から指摘していた。今さら遅い。民主党政権と経産省、アホな国民を恨め。
@Cst3q2 @ELECTRICDADDY これでもう大丈夫とか皆さん思ってないですよね💦
猫も杓子も太陽光。その後の建設費用の償却は進むのか?アパート経営と似たような感じで不良債権が増えるかも?
屋根の上だけで充分やがな。
(´・ω・`)
@Sankei_news
さすが第四列の男の売国事業。先行した柔らか禿しか得してねえ。
やはりお遍路に行ってしくじりを誤魔化せた、と思うような人間は信用ならんな。
太陽光パネルが危険とようやくマスコミも取り上げるようになった。

エネルギーが無いと人間は生きていけないわけだから、こういうことは客観的データで考えていかないとね。
太陽光は確かに自然にいいかも知れないが、我が国は平地が少なく。

太陽光発電の為に森林を伐採する。

ソーラーパネルの耐久年数もたかが知れてる
日本人が決して愚かでも貪欲でもなくはない、という証明。民主党政権時代の火事場ドロ商売とも。 
ソーラーボーイズ(孫、菅、坂本)クンたち、元気?
ドイツで先に失敗してくれてるのに、同じ失敗をする無能さ。
自然エネルギーとか言いつつ全国の山で自然破壊だけ残して終わったな…
再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)、
やっと見直し。
不安定な太陽光発電、
電圧を一定に保つコストと手間が莫大!
曇っても停電させないため、火力発電機を常にアイドリングで動かし続ける無駄なコストと排気ガス汚染。
全然クリーンではない!
木を切って太陽光パネルを設置するなんて、ちっともエコじゃないからな。
日本が再生エネルギーで吹き上がっていた12年、ドイツでは再生エネルギー政策のせいで電気代高騰していたんやで
>令和元年度には、買い取り費用が全国で3兆6千億円、賦課金は2兆4千億円に達する見込みとなった。
完全に大失敗だなマジで
菅直人の遺産だよね。
(*´∀`)新規の買取はメガソーラー外される。後は未着工の分をガンガン取り消しにしたらよい
再生不可能事業では
ないだろうか?
メガソーラー発電の為に
森林破壊。
風力、太陽光発電の
買取廃止決定したらしい。
遅かった気がするけど第一歩。山の木を伐採して作った施設は、撤退時に開発業者の責任で植林してほしいなぁ。
これは良記事です。もう少し山林の破壊とその影響で住民の苦しんでいることについて踏み込んでほしかった気もしますが。
遅きに失した政策転換
すでにメガソーラーを作られた地域は作られ損。
残されたのは原状回復が不可能な土地と無駄な税金>
本当にバカな制度を国民全員で負担してるんだから笑えない。
太陽光なんていう不安定なエネルギーを有り難がっていたことがそもそもの間違いだ。
太陽発電なんてものは子供の頃憧れたある種レトロフーチャーの象徴だったが、現実には環境破壊、電力系統の混乱などデメリットの方が多く、結局は幻想に過ぎなかった。
今年10月に予定される2%の消費税率引き上げで見込まれる税収の増加額は、約5兆6千億円だ。再エネ賦課金はその4割に達した。消費に与える影響は、増税と変わらない。(記事より)

そうだよなぁと改めて思います
今も少しずつ蛇口は絞ってはいるけど、増税控えて更に加速するって事かな?消費税とは別の2.4兆円の国民負担やからな。
ほんとに九州はソーラーだらけだよな。電気代に付加されてること知らない人多いんだろな!
旧民主党の決定事項。悪夢の一面。ウチの裏も大きな木が3、4本生えてて春にはカッコウが来て声が聞こえたのが癒しだった。今はもうない。立憲どもは責任を取れ!
7年で見直しただけ経産省は偉いです。日本の不景気は20-30年。マクロなことはマクロ政策でしか対応できませんので、どう考えても財務省と政治家の領分です。
まあそろそろ改善せなあかんわな。
あの制度はずっと持つものじゃない。
旧一電、再エネ推進反対派に寄り添ったネガティブな視点で書かれた記事だなあ。調整力に関する話でもDRゆくゆくはVPPの可能性についても言及して欲しいし、批判するだけじゃなくて現行の取組に十分触れた上で記事を書くのが記者の本当の責任では?
のっけの頭からわかってたこと。
ゴルフ場作ってバブル崩壊して破産した人たちが使えなくなったゴルフ場にメガソーラー置いたりしてたよね。何やっても弾けるな。
やっと見直されるのか…。
もっと見る (残り約118件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR