TOP > 社会 > 「太陽光バブル」の終焉 経産省、FIT見直し 野放図な拡大で利用者負担増 - 産経ニュース

「太陽光バブル」の終焉 経産省、FIT見直し 野放図な拡大で利用者負担増 - 産経ニュース

167コメント 登録日時:2019-08-31 08:46 | 産経ニュースキャッシュ

九州で起きた「太陽光バブル」が終焉(しゅうえん)を迎える。経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)の見直しを打ち出した。平成24年度に導…...

Twitterのコメント(167)

今更遅いとも言える。再エネ賦課金の問題は先行していたドイツで既に問題点として認識していた。
一般家庭が気付かぬ様にコツコツと料金積み上げてこの結果。太陽光バブル」の終焉
全国で近隣住人とのトラブルが多発しているのに放ったらかしにした国にも問題はあると思うよ

失ったものは戻ってこない
菅直人の巨大な負の遺産にメスが入ったと思ったら、今度は小泉進次郎なの(-∀-)。

令和元年度には、買い取り費用が全国で3兆6千億円、賦課金は2兆4千億円に達する見込み。
山一個丸ごと伐採してメガソーラーって…なんでそんな人間て愚かしいんかなぁ

それ見てやっぱ、原野商法て、結果的に原野の保護に貢献してるという一面もあると思うわけよ。やってる方はただの悪徳商法ですけど笑
「太陽光バブル」終焉
経産省は今月5日、「国民負担額の増加」などを理由にFIT見直しの中間整理案をまとめ、有識者委員会から大筋で了承を得た。メガソーラー(大規模太陽光発電)や風力発電を買い取りから外す方針
これと千葉のソーラーパネル火災見てまだ太陽光発電が魅力的だと考える人がいるなら考え直してくれ
もう投資としては最悪の材料だからな、儲からないし環境破壊で得しないぞ
再生可能だエコだと言いながら、結局は電力の買取価格を国民に負担させて政商が儲けるだけのクソ施策だったな
海外の失敗に学ばない経産省
「「国民負担額の増加」などを理由にFIT見直し…メガソーラーや風力発電を買い取りから外す方針」「失敗のない投資話」←消費税と違って資産家を儲けさせただけだしね。「消費に与える影響は、増税と変わらない」 /  野…”
こういう記事を見ると菅直人の顔が思い出されて腹が立ってくる。
こういう状況は、わりと見通せていて、自然エネルギー系の人からも指摘が出てたんだけど、当時、それを言うと、電力会社の手先とか原発推進派呼ばわりされたんだよね。
>如才ない業者には、失敗のない投資話に映った。

ん?
朝日ソーラーじゃけん!
民主党・菅直人政権時代からの負の遺産。

具体的に問題が出て来た。

大問題の責任は誰が取るのか?
@haiiro8116 私の周辺のほぼ全員の電気技術者は全員これを正確に予想して忠告もしていたんだけどね(´・ω・`)
真っ当な記事。関係者は最初から指摘していた。今さら遅い。民主党政権と経産省、アホな国民を恨め。
@Cst3q2 @ELECTRICDADDY これでもう大丈夫とか皆さん思ってないですよね💦
猫も杓子も太陽光。その後の建設費用の償却は進むのか?アパート経営と似たような感じで不良債権が増えるかも?
屋根の上だけで充分やがな。
(´・ω・`)
@Sankei_news
さすが第四列の男の売国事業。先行した柔らか禿しか得してねえ。
やはりお遍路に行ってしくじりを誤魔化せた、と思うような人間は信用ならんな。
太陽光パネルが危険とようやくマスコミも取り上げるようになった。

エネルギーが無いと人間は生きていけないわけだから、こういうことは客観的データで考えていかないとね。
太陽光は確かに自然にいいかも知れないが、我が国は平地が少なく。

太陽光発電の為に森林を伐採する。

ソーラーパネルの耐久年数もたかが知れてる
日本人が決して愚かでも貪欲でもなくはない、という証明。民主党政権時代の火事場ドロ商売とも。 
ソーラーボーイズ(孫、菅、坂本)クンたち、元気?
ドイツで先に失敗してくれてるのに、同じ失敗をする無能さ。
自然エネルギーとか言いつつ全国の山で自然破壊だけ残して終わったな…
再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)、
やっと見直し。
不安定な太陽光発電、
電圧を一定に保つコストと手間が莫大!
曇っても停電させないため、火力発電機を常にアイドリングで動かし続ける無駄なコストと排気ガス汚染。
全然クリーンではない!
木を切って太陽光パネルを設置するなんて、ちっともエコじゃないからな。
日本が再生エネルギーで吹き上がっていた12年、ドイツでは再生エネルギー政策のせいで電気代高騰していたんやで
>令和元年度には、買い取り費用が全国で3兆6千億円、賦課金は2兆4千億円に達する見込みとなった。
完全に大失敗だなマジで
菅直人の遺産だよね。
(*´∀`)新規の買取はメガソーラー外される。後は未着工の分をガンガン取り消しにしたらよい
再生不可能事業では
ないだろうか?
メガソーラー発電の為に
森林破壊。
風力、太陽光発電の
買取廃止決定したらしい。
遅かった気がするけど第一歩。山の木を伐採して作った施設は、撤退時に開発業者の責任で植林してほしいなぁ。
これは良記事です。もう少し山林の破壊とその影響で住民の苦しんでいることについて踏み込んでほしかった気もしますが。
遅きに失した政策転換
すでにメガソーラーを作られた地域は作られ損。
残されたのは原状回復が不可能な土地と無駄な税金>
本当にバカな制度を国民全員で負担してるんだから笑えない。
太陽光なんていう不安定なエネルギーを有り難がっていたことがそもそもの間違いだ。
太陽発電なんてものは子供の頃憧れたある種レトロフーチャーの象徴だったが、現実には環境破壊、電力系統の混乱などデメリットの方が多く、結局は幻想に過ぎなかった。
今年10月に予定される2%の消費税率引き上げで見込まれる税収の増加額は、約5兆6千億円だ。再エネ賦課金はその4割に達した。消費に与える影響は、増税と変わらない。(記事より)

そうだよなぁと改めて思います
今も少しずつ蛇口は絞ってはいるけど、増税控えて更に加速するって事かな?消費税とは別の2.4兆円の国民負担やからな。
ほんとに九州はソーラーだらけだよな。電気代に付加されてること知らない人多いんだろな!
旧民主党の決定事項。悪夢の一面。ウチの裏も大きな木が3、4本生えてて春にはカッコウが来て声が聞こえたのが癒しだった。今はもうない。立憲どもは責任を取れ!
7年で見直しただけ経産省は偉いです。日本の不景気は20-30年。マクロなことはマクロ政策でしか対応できませんので、どう考えても財務省と政治家の領分です。
まあそろそろ改善せなあかんわな。
あの制度はずっと持つものじゃない。
旧一電、再エネ推進反対派に寄り添ったネガティブな視点で書かれた記事だなあ。調整力に関する話でもDRゆくゆくはVPPの可能性についても言及して欲しいし、批判するだけじゃなくて現行の取組に十分触れた上で記事を書くのが記者の本当の責任では?
のっけの頭からわかってたこと。
ゴルフ場作ってバブル崩壊して破産した人たちが使えなくなったゴルフ場にメガソーラー置いたりしてたよね。何やっても弾けるな。
やっと見直されるのか…。
ここに至って態度を保留する会社があるのはこういう事ね。はっきりしてくれんと困るなあ。
メガソーラー開発の末路。
メガソーラー(大規模太陽光発電)や風力発電を買い取りから外す方針。

- LINEアカウントメディア
これは大きな前進だが、民主党がやらかした失態の清算の序章に過ぎないね。開発業者が放棄してトンズラする可能性が高い。
だから言うとろうが
金儲けのため需要以上に作りすぎて既存の施設にダメージでる。
/
こうなる事は始めた時に判ってた事だろうに何を今更。で、誰が始めたんだっけかね?まさかこの事が政局にはならんよなぁ?
景観悪すぎだよね
なんか太陽光がダメみたいな話しになると本末転倒。経済成長しか考えず、金のことしか考えて無い奴らは自然を破壊してまでお金を稼ぐことへ進む。日本は島国として自然と共存しながら原子力発電を辞め、自然電力エネルギーを有益な形で広げていく方向へ進まないとダメだよ。
空っぽ神輿の単なる思い付きと政商によって祀られた この愚策を これから何十年も掛けて正していかなければならない。
太陽光発電事業の推進とFITの枠組みを決めたのは民主党政権。現行制度の骨格が固まったのは当時の菅直人・民主党政権は、東日本大震災の対応などから退陣を迫られ、退陣の条件に再生可能エネルギー特別措置法案の成立を挙げた。彼等はこの責任も取らないでいる!
空き缶とハゲの負の遺産分も丸ごと処分して欲しい。
最近「出来る子」経産省には頑張っていただきたい。
太陽光をネガテブにとらえすぎ 火力発電と揚力発電をONOFFすれば良い 頭コンクリやな 世界から取り残されてるのは日本だ 安いエネルギなら原発潰して 再エネしかないでしょ
先に太陽光発電の準備をしていた孫正義との密談で「べらぼうに高い」FIT制度を作った菅直人と、それに乗った経産省の罪は本当に思い。結局、彼らの莫大な儲けを払わされたのは、電気代を上げられた国民。国家の犯罪と言っていい。
「メガソーラー(大規模太陽光発電)や風力発電を買い取りから外す方針。」
これでバカどもによる自然破壊に歯止めがかかるといいが…
ようやくか。
賦課金負担の増大はFIT先進国であるスペインやドイツではすでに発生していた。太陽光や風力による発電量が多くなっても既存の発電施設の代替にはならない。電気の地産地消が進めば大手電力会社の収入は減り発電所や送配電網を維持するには電気料金の値上げ。民主党の負の遺物。
廃墟を壊すメガソーラー、反対!!
これも民主党政権の負の遺産のひとつ
悪夢の民主党政権の置き土産のひとつ
案外早かった、と言うべきか、何を今更、と言うべきか。
中途半端に大規模な所がどんどん問題になるだろうな。
これもミンス政権の負の遺産。
やっと終わり。個人住宅含め、早い時期(10年前くらい)に投資した所を除いて、廃棄まで含めたらトータルマイナスだろうな。クリーンイメージ利用した詐欺のような話だ。
@NaotoKan 経産省はあんたの尻拭いで四苦八苦してるぜ。
本来大切に育てて有効利用しなければならない再エネが、あんたの無責任な制度設計のせいでぶっ壊れてんだぜ?

太陽光バブルを見込んでガバガバな制度を作るというインサイダー情報を元にパネルメーカーに投資した人もいたなぁ。
ほんまこれ取り返しつかんことしてくれたよな
土地の面積と発電量を考えたら全く安くもない、事故っても発電を止められない、天気次第で使い物にならない
全くの無駄
最初から分かっていたコト。。取り返しのつかない環境破壊もあり、愚かしいし残念だ。_φ(・_・
そもそも、制度自体 韓政権下 民主党の残滓。
金の亡者が
「朗報」メガソーラー(大規模太陽光発電)や風力発電を買い取りから外す方針。

ようやく、って感じですね
今年10月に予定される2%の消費税率引き上げで見込まれる税収の増加額は、約5兆6千億円・・・『 再エネ賦課金 』はその4割に達する巨額な国民負担・・・国民に与える影響は『 増税 』と同様、環境破壊の太陽光発電FIT(固定価格買取制度)・・・w...
これで茅ヶ岳山麓みたいな環境に優しい太陽光発電設備の為に、大規模な環境破壊が起こることが無くなれば良いのだけれど。日本はもっと地熱に資本を投入すべきと思う。
批判に終始して最後まで代案を示さない、誤った方向に世論を導くテロリストの様な記事。
反社に認定しておきますね~🙃
野放図な拡大で利用者負担増(産経新聞)

この記事はおそらく電力会社の買取価格は8円程度だと思うしなぁ。それに時の流れに逆らうことはできないと思うがなぁ。
いまさら感たっぷり。何が再生エネルギーだ、環境破壊しただけじゃねぇか。更に負担増とかアホなの?
景観や自然を破壊するソーラーパネル群が早く壊れる事を祈るしかないのかな😰。
“日照によって発電量が上下する「巨大発電所」が九州に誕生したといえる。 この調整弁として九電の揚水発電所や火力発電所は、運転と停止を繰り返す。機器へのダメージは蓄積している。” / - …”
欧州でFITの問題点が顕在化してたのに新規参入を促すためにと当時高額買取の旗振りをしたのが誰だったのかは覚えておいて損はないと思うんだが記事に名前が見当たらないな。〉
ゲンバツハンターイで始めたんだから、自然が破壊されようが結果電気代が上がろうが甘受しろよ庶民ども
ウチの屋根のソーラーパネルうめえ
やってみないと分からないこともあったかもしれないが、やはりFITの1番の制度設計の失敗は、再エネであれば環境を破壊してでも導入が可能だった事ではないか。
導入促進と規制の落とし所は難しいが、結果的に再エネが悪と見なされるのは一番の問題。
どう考えてもシステムとして正しいのは、
売電量に応じて買取予算を分配だろうに
撤去費はどうする
"当初から懸念されていたデメリットが、想定通りに起きた。"
民主党が激推ししたFITによって再生エネバブルが始まって、火力原子力関連メーカーの弊社の業績はがた落ちして、ついには倒産も決まって、私は胸張ってこのブラック企業から卒業できるので、民主党さまさま。
自然を破壊してエコ言ってたんだから、気づこうよ。
もうなんていうか、絵に描いたようなコモンズの悲劇だよね
デメリットも多いけどこのまま石油を燃やし続けるわけにはいかない / - 産経ニュース”
ついに終わったか
今更...💧儲けたん設置業者と孫正義だけ?やんか...(悲)太陽光バブル」の終焉
こんな事態は、当方は、最初から想定。
再エネは、最初から負の遺産にしかならない。
“当初から懸念されていたデメリットが、想定通りに起きた。”
民主党政権を起点に始まった大抵のことはこの一言に尽きる。
原発事故の後始末に金使うより、割高でも自然エネルギーの電力に金を使うべきでしょう。
屋根屋でソーラーの設置も仕事でしてるけど
、まあエコはエゴだよね。と思ってる。
ソーラー畑見る度に
コレ廃棄する時いくら掛かるんだろ?と他人事ながら不安になる。
民営化で失敗はないよ 言ってるバカいるけど、市場に任せてもちゃんと規制矯正しないと市場は暴走するんだよね。
太陽光バブルは終わった。

ツケは国民に。
原発の代わりにソーラーという思いだったが、結局こちらもとんでもない環境破壊だった。
鹿児島県霧島市牧園町高千穂では、メガソーラー建設に伴う造成工事で森林が伐採された。その結果、吹き下ろしの風が、隣接する住宅街を直撃するようになった。
逃げ切った業者はサイコーに美味しかっただろうな。
1kWh当たり42円で20年間の買い取り→国民から40兆円を電気代に上乗せして騙し取る制度でしたからね。菅直人氏と孫正義さんは笑いが止まらなったことでしょう。 /  経産省、FIT制度を見直し 野放図な拡大で利用者負担増(産経ニュース) @Sankei_news
太陽光発電や風力発電のことを《自然エネルギー》と言った事も不味かったと思うね。こう言われるとエコなイメージがするので騙された人もいるだろう。またここ数年間は、意識高い系の人々にとっても《エシカルなわたし》を演出するための恰好のアイテムだったと言えよう。
@haruki92033948 そう思ってくださる方が何人かでもいらっしゃることが、私たち地元民の精神的な支えです。

状況は変わりませんが、とりあえずFITも終わるということで、この先平尾台に酷い太陽光発電開発はないのではないか、と予想しますが…💦
メガソーラーの負荷変動をどう吸収するかが今後の課題。アルミかマグネシウムか何らかの「モノ」に換えるしかないのでは
この「環境に優しい」の御題目で、どれ位の環境が破壊され、これまでの自然災害で簡単に崩れ、且つ災害を助長した件数はどれほど有るんだろう?
そして日本国民にとって恩恵はあったのか?
だーかーらー最初から言ってたやーん!それと買取価格が申請時に決まって設置・連係がその数年後でもそのままってとこにも触れとかないと。 / - 産経ニュース”
善良な市民と企業から集めた電気代は、ハイブランドとして海外へ、キャバクラで反社へ消えて行くんだ。
みんすの失政だけに産経が手厳しいなw
ようやく見直しの波がきたか。コレぜんぜんエコじゃなかった。
メガソーラーは災害大国日本の国土に合わない定期
自民の施策は必ず先行き最低。
環境に優しいとはなんだったのか
森林伐採 、吹き下ろしの風 、機器から重低音、景観や住環境の悪化 、斜面が崩れる、電力単価の上昇が現実として見えた今、今後開発絶対反対!😡
最初から分かっていた事。菅直人と孫正義という放射脳と政商が組んで無理矢理押し通した。規制が無きに等しく、買い取り価格も余りに高すぎた。これも孫正義が抱え込んだパネルの在庫を整理する為
い ま さ ら か
◯正◯とか儲けるだけ儲けてドロンやろうな
派遣の規制緩和が自民党政権での悪夢ならこれは民主党政権での悪夢
北海道のオール電化で年間6〜7万賦課金払っている我が家。原発停止でほくでんは4割以上値上げで真冬は6万とか請求来る事も。その時の賦課金は8000円とか。一ヶ月でだよ…
日本は原子力発電以外で発展はない。
メガソーラーとかただの自然破壊
これって、の置き土産でしたっけ?
なんか想像通りでした…
民主党政権の愚策が、日本を苦しめている。

「令和元年度には、(国民が電気代以外に負担する)賦課金は2兆4千億円に達する・・・」

規制をとっぱらって、乱開発を可能にした結果の環境負荷も加えれば、国民負担は計り知れない。
地方に行くと必ず見るメガソーラーには、正直イラっときてる
導入時から現行の太陽光パネルのままでは日本じゃ無理だと言ってきた。案の定誤魔化しきれなくなった。むしろよく7年もごまかし続けたと思う。

ちなみにこの政策を推し進めたのは何とか民主党の菅直人氏とソフトバンクの孫正義氏。
苦情はこのお二人へどうぞ。
メガソーラー建設ってフライドポテト食べながらポテトは野菜だからヘルシー!って言ってるようなものだよね。
バカめ!と言ってやるわ。
最初から分かってた事だろ…本来設置者が担保するところ公金つぎ込んで、売り上げは利用者から強制徴収。

クソすぎだろ。
なんだかいろんな問題がごちゃまぜになってるけど、そのせいで一番の問題であるはずの環境アセスが見えにくくなってる気がしてならない。
誰が再エネを殺したのか?
「賦課金負担の増大は、FIT先進国であるスペインやドイツでは、すでに発生していた。日本は先進事例に目をつぶって、FITを導入した」
記事の趣旨とは関係ないですが、「電気は、瞬間瞬間の需要量と供給量のバランスを取らなければ、大規模停電(ブラックアウト)につながる。」をそもそも理解する必要があります
補助金ありきの事業だったからこうなるのは目に見えてたよね
再エネ賦課金は早くやめてほしいわ
太陽光発電は家の屋根に設置して各家庭の電気を賄えれば十分だと思ってたけと…
自然を破壊して再生エネルギーとか言われても、はぁ?ってね😒
初めからわかってた事なのに推し進めた政府の罪は思い
失われた自然は簡単には戻らないよ
太陽光パネルのせいで通学路の林伐採されて寒風モロに当たる地獄味わったから、さっさと消えてほしい
制度が始まる前から指摘されていた問題が現実になっただけ。強行した菅直人と民主党の失政 :
今年10月に予定される2%の消費税率引き上げで見込まれる税収の増加額は、約5兆6千億円だ。再エネ賦課金はその4割に達した。消費に与える影響は、増税と変わらない。
なぜ、政府は海外での失敗を見習わないのか?
水道事業民営化も同じ。
将来を考えれば予想できることを、失敗のお手本まで無視して進め、
その結果、後追いで失敗してはツケを国民に押し付ける。
なぜって?利権に政治家が群がるからでしょ。
駄目だとわかっているのに突き進む。
日本人あるある。太平洋戦争とかね。
これは導入当時から言われていた問題。
こういう無能な政策決定により、市民も、電力利用者も、運営側も不幸になる。
それにしても今更約束反故にして打ち切りとか、訴えられないのかな?(運営側は投資資金を回収できているの?)。
バプルだけに短命だな
コレも結局投資家を集めようとして失敗した事業の1つ
エネルギー変換効率が悪いし土地も要る
それで金持ちは直ぐに離れて、仕方無いから民間人へ売り込み回収しようとした
退官した古い世代が頑張って猛アピールしてるけどね。
もう、みんなにバレた。
経産省、fit見直し 野放図な拡大で利用者負担増
太陽光発電が悪いのではない。この国の力の掛け具合がお馬鹿ばかり。
なぜ各家庭に注力し、負荷を分散しようとしないのか。
原子力にしてもコレにしても本当に日本は恥だらけ。
遅いよ!なんで日本は太陽光を推進してたのかな?
ミンスの残した負の遺産は大き過ぎる😑安いポピュリズムに踊らされたB層には猛省して頂きたい
金儲けの太陽光発電に疑問?

高価格で買い取りは、止めるべきです。通常で買い取りする。

電気代が値上がりします。
そりゃまぁ効率の悪い作り方で今までと同じ使い方をしてたらそうなるわな
早く施行してほしい、年間1万もメガソーラーに金払いたくない
原発事故後のヒステリー状態を利用して、安易に太陽光発電ビジネスが推し進められた。扇動した政治家は誰か?
野放図な拡大で利用者負担増(産経新聞)

自然を破壊して、生物を殺して
環境に良いはずがない
割れたパネルは、ガラスが粉々になり放置される
割れたとこから、油、化学薬品が流れ土地が死ぬ
川、海に流れ、人に入る
なぜやった?としか。
―平成24年度に導入されたFITによって、再エネの野放図な拡大と、利用者負担の増大という当初から懸念されていたデメリットが、想定通りに起きた。
太陽光発電開発を無作為に実行した地方自治体は悔い改めて
"何しろ「1キロワット時当たり42円」もの高価買い取りを、20年間も保証する制度設計だった。如才ない業者には、失敗のない投資話に映った。"
昨今の大規模ソーラー発電に群がってた理由はホントコレ。
金持が得をして貧乏人が損をするだけの制度。
民主党は許さねぇ。
太陽光発電とか、太陽光の熱利用とか、何が優れてるかって・・本来、住宅の屋根に取り付けて、ほんの少しのメンテで省エネ出来るってェ事なんだよナ。
日本の如き狭い土地でのメガソーラーなんて正気の沙汰じゃないのは自明・・そォ云やァ初期の頃此れに飛びついたのいたな。
管直人と孫正義の置き土産
太陽光バブルの終焉 
九州の電力需要は全国の1割前後だが太陽光発電所は全国の2割も稼働した。日照で発電量が上下する「巨大発電所」の調整弁として九電の揚水発電所や火力発電所は運転と停止を繰り返す。機器へのダメージは蓄積している。
遅えよ

許すまじク孫正義
許すまじバ菅直人

「こ・の・う・ら・み・は・ら・さ・で・お・く・べ・き・か」
以上

記事本文: 「太陽光バブル」の終焉 経産省、FIT見直し 野放図な拡大で利用者負担増 - 産経ニュース