TOP > 社会 > 産経ニュース > 【平成の科学(1...

【平成の科学(1)】「宇宙論は革命的に進歩」 村山斉・米カリフォルニア大バークレー校教授(1/3ページ) - 産経ニュース

11コメント 登録日時:2019-04-07 11:29 | 産経ニュースキャッシュ

間もなく幕を下ろす平成の時代。大きく動いた科学技術の30年間について、各分野の識者に振り返ってもらう。第1回は宇宙の一生を探究する「宇宙論」をテーマに、米カリフ…...

Twitterのコメント(11)

「今後は、日本がリーダーシップを取って世界の研究者を巻き込み、大規模な研究をやっていく力が必要になってきます、、、、」
- - -
--> ILC はまさにこのような事を実現しようとしています。
社会党か知らないが、チンパンジーですかね。文化人類学だろ。ウィキペディア以下だが。始まりの証拠はないらしい
平成の30年間での宇宙論の道筋
ビッグバン宇宙論やインフレーション理論
令和にはダークマターの正体がわかるか!?
「資源がないだけでなく投資もしていないので、これはちょっと恐ろしいなと思っています」低レベルの民主国家では国民は自分の生活が第一で未来の事など何も考えない。その結果低レベルで未来を考えない政治家や官僚が跋扈する。宮古島の弾薬庫排除など典型。
宇宙とか星とか銀河って話好きだからいろいろ見るけど、最終的にあまりに壮大すぎて生きてる価値ないなぁって変な方向に考えがシフトして終わる。
#虎8
素敵な視点の企画記事です。
⭕️日本はまだ捨てたモノではないと
思う瞬間 その心意気🌑
ダークマターの正体?
某キャラクターが作る料理のことじゃねーの?
専門家じゃないので細かい事はわからないけど、この方が書いてくれた本は自分でもわかるくらい平易に書かれた本がある
めっちゃワクワクする!

「宇宙論は革命的に進歩」
しかし日本の天文学研究の将来は「恐ろしい」と⇨
「「特に重要なのは、1989年に米国が打ち上げた天文衛星『COBE』の成果と、10年に超新星の観測で判明した宇宙の加速膨張でした。」
以上

記事本文: 【平成の科学(1)】「宇宙論は革命的に進歩」 村山斉・米カリフォルニア大バークレー校教授(1/3ページ) - 産経ニュース

関連記事