TOP > 社会 > 産経ニュース > 【クローズアップ...

【クローズアップ科学】日本の新核融合炉、建設大詰め エネルギー問題解決へ(1/3ページ) - 産経ニュース

39コメント 登録日時:2019-01-20 10:35 | 産経ニュースキャッシュ

人類のエネルギー問題を解決するともいわれる「核融合発電」を実現させるため、2020年の完成に向け世界最先端の大型実験装置「JT-60SA」(茨城県那珂市)の建設…...

Twitterのコメント(39)

「脱原発」が口癖のどこぞの党はこうした技術の進歩を理解しているのかね?
200秒間の連続運転を目指す“JT-60SA”2020年完成見込み
核融合発電は、現在の核分裂型の原子炉と比べると格段に安全性が高いと言われている。将来的には、原子炉は核融合炉に置き換えていくべきであろう。予算は充分に確保すべき
【超高温を封じ込める核融合炉】
2020年に完成し、2022年に本格稼働する見通し、無事に運転されることを切に望む。
あと20年もしないうちに日本や世界のエネルギー事情は相当変わっているだろうし、そうなれば各国の力関係も変わってくる。
#スーパーブラッドウルフムーン
頑張れ日本!
成功して欲しい♪
この分野で日本が世界をリードしていけるように、国がしっかりサポートしてやり遂げて欲しい。間違っても民間に丸投げはしないでもらいたい、絶対中韓を始めとした外国勢に乗っ取られるから。(´・ω・`)
2020完成か。いいね、ワクワクしてきた
※“基礎研究”用の実験炉です。商用どころか発電用ですらありません。

エネルギー問題解決へ.
#虎8
武田先生、核融合の可能性を教えて!
未来ずら

新核融合炉、建設大詰め
"戦後日本で核融合の研究を主導したのは、わが国初のノーベル賞受賞者である湯川秀樹博士だった。湯川博士は1957年、政府の原子力委員会が設置した核融合反応懇談会の初代会長に就任"
こういう時は三重水素って書くのね。福一で海洋投棄の話が出たときはトリチウムとしか書かなかったのに。

___
こんなの出来たらいいなー。でも左巻きが反対しそう。
コレ超高温を出す為に複数箇所からレーザー照射するんだろうけど…その為の電力がとんでもない量になる筈…更に連鎖融合を維持し続けるのは至難の業だったと…実験炉なのでそこら辺のデータ蓄積を主目的なのかな~
まじなんか? <>
5万キロワットの電力で重水素と三重水素を核融合させることで、約17万キロワットの発電量に相当する熱出力を目指す---抜粋
でも高圧蒸気でタービン回して発電する事に原発との違いはないんですよねw
この技術が完成すればエネルギー政策の大転換になります。
再エネの不確実性を心配せず安い電力が供給されれば消費者にも国にもメリットが高い事になります。
これって想定外な事故起こった場合なにが起こるんだろうもんじゅ以上に難しいんじゃないだろうか?
こういう研究の本当の効果は、石油、天然ガスといった資源市場に対して圧力やねん。資源価格が値上がりしたら、この研究を本格化させて買わないようにするよ。という意味で
量子科学技術研究開発機構が欧州と協力して建設しており、炉の本体は直径約12メートル、高さ約16メートル。建設費は630億円超で日本は3分の2程度を負担する。20年に完成し、22年に本格稼働する見通しだ。
産経なので良いとこ取りの記事であることに注意した上での話ですが、よくまとめられているので是非。
核分裂連鎖を利用した現在の軽水炉は制御棒と常時冷却が必要なのに対して、核融合炉は反応を起こさせるのが難しく、安全面でメリットが大きい。兵器利用の可能性も少ない。
ガノタ脳では→ヤッタァ太陽炉へ1歩前進だあ♪╰( º∀º )╯
となります🤗
核融合発電は“地上の太陽”ともいわれる。
実際に発電まで行う「原型炉」の建設へと続く。これは今世紀半ばとなる見通しだ。
中韓に、核融合技術は「キチ○イに刃物」である。
日本人なら産経を読もう!
新たな神話でしょ、結局湯沸かし器。
久々に良いニュース。
化石燃料からの卒業!
早く実現を!
” ”

宇宙へ進出するにあたっては、核融合テクノロジーが必要となってくると思います。
地球上で核融合発電を開始する場合、放射性物質のリスクがどの程度あるか、広く人々に認知させてほしいです。
我が国日本は湯川秀樹ノーベル賞受賞科学者を多数おりこの核融合では何が何でも世界に先駆けてゆきたい 政府は無駄な予算を切り崩しても開発支援を行うべし
「戦後日本で核融合の研究を主導したのは、わが国初のノーベル賞受賞者である湯川秀樹博士だった。湯川博士は1957年、政府の原子力委員会が設置した核融合反応懇談会の初代会長に就任するなど、研究の進展に尽力。その後、日本は着実に技術を蓄積してきた。」(記事より)
原発反対を叫ぶ方々、いま日本など世界で核融合発電が研究され実現に近づきつつあります。そしたらエネルギー問題は解決。あと数年かも

- 産経ニュース
核融合反応は、太陽が光輝きエネルギーを放射している原理であり、核融合反応では、少量の燃料から膨大なエネルギーが発生する。日本は核融合のエネルギーを開発先進国である。
太陽光発電なんて要らないな
以上

記事本文: 【クローズアップ科学】日本の新核融合炉、建設大詰め エネルギー問題解決へ(1/3ページ) - 産経ニュース

関連記事