TOP > 科学・学問 > 【クローズアップ科学】日本の新核融合炉、建設大詰め エネルギー問題解決へ(1/3ページ) - 産経ニュース

【クローズアップ科学】日本の新核融合炉、建設大詰め エネルギー問題解決へ(1/3ページ) - 産経ニュース

120コメント 登録日時:2019-01-20 10:35 | 産経ニュースキャッシュ

人類のエネルギー問題を解決するともいわれる「核融合発電」を実現させるため、2020年の完成に向け世界最先端の大型実験装置「JT-60SA」(茨城県那珂市)の建設…...

ツイッターのコメント(120)

いつも思う素朴な疑問ですが、核融合で発生するエネルギー(人口太陽)に耐えることが出来る金属あるのですか?
20日の量研那珂研究所施設見学会では、こちらの記事で紹介されてるJT-60SAの見学ツアーがありますよー!
先着順らしいので見たい方はお早めに!(*'ω'*)
5万kw突っ込んで17万kw相当の熱出力を目指す、か。核融合炉がもっと高い効率で実用化すれば、エネルギー問題解決するけど、中東は没落しそうだな(w
こんなに大掛かりなのに結局は「加熱した水で、タービンを回して電気を作る」なのか。>  エネルギー問題解決へ(1/3ページ) - 産経ニュース
トカマク型…ヘルズトカマク…(違
プラズマをピンチする電磁力が、プラズマの不安定を増大させる方向にしか働かないので、そんなに上手く行くとは思えない▼荒田吉明の日本初のz-pinchの実験を無視すんな。
技術確立できたんだっけ?
実用化はまだ先みたいだな(´・ω・`)…
そこまで来てるのか。
叶えられれば、石油の枯渇問題も解決か?
「重水素と三重水素は海水を通じて手に入り、枯渇の心配がない。」
建設地は茨城県那珂市

魅力度最下位で自虐している裏で地味に重要なものを持っていってる茨城ズルイ

人2020年の完成に向け世界最先端の核融合発電・大型実験装置「JT-60SA」(茨城県那珂市)の建設が大詰めを迎えている。
核融合炉にさ飛び込んでみたいと思う全国5千万の皆様...
核融合で水戸が大爆発とか大丈夫なのか
福島第一跡地でトリチウムが豊富な処理水を貯め込んでるのは、こいつの実験材料として使うつもりなんじゃなかろうか?と疑っている。放出するよりは反対も少なかろうし。
原発再稼働反対派も、消極的賛成派も喜ぶべきニュース
「核融合の技術では、意外なことに米国は出遅れており、日本と欧州が世界をリードしている」


「実用的な科学研究には投資する」というネガティブな政府方針のタマモノだろうなあ。複雑な心情です
360億で核融合実験炉か…
もしこれで核融合が実現すればコスト的に考えればかなり安そう
はよ原発と置き換えておくれ。
こっちでは三重水素表記でトリチウムとは言わないのか。2020年完成として実用まであとどのくらい?
この記事の「三重水素は海水を通じて手に入り、枯渇の心配がない」の三重水素=トリチウムだと理解できれば処理水問題を少しは理解できそうだが…
未来はすごそこにあるよ!
自分が研究したいと思っていることがこうやって形をなそうとしてることが嬉しすぎる
今世紀末と言われた核融合炉実用化のロードマップが半世紀くらい繰り上がっていて驚愕だったりするわけだが。次は量子コンピュータで最後は軌道エレベーターだな٩(๑´3`๑)۶
さあ早い者勝ちだ、この核融合炉に対して「放射能ガー!」と突っ込んで恥をかけるのは今だけだぞ!
これ、実験装置すらまでできてない、というニュース
引用>
実験炉では発電はしないが、5万キロワットの電力で重水素と三重水素を核融合させることで、約17万キロワットの発電量に相当する熱出力を目指す。
新と聞くと、過去に無い新不具合の可能性もはらんでいると考えて、心配してしまう。
これが実用化できたら、今まで電力がなかった発展途上国でもカップ麺が作れるようになるんだ!!
JT-60SAってそろそろ完成なんか
これが完成すれば、ザクができると言う事ですね。
もんじゅの後釜?
ま、次は核融合だよな。対消滅炉とかはまだまだSFの域。
いいぞ、時代がstellarisに追いついてきた
頑張ってほしい。
要は原爆じゃなく水爆使って従来型の原子炉をアップグレードしようって計画に、何でDT反応の話するんだ…
DT反応継続可能なら普通に出てくる陽子とヘリウム3で直接的に電気出せるわw
あーだいじょうぶよタービンが回るわ
成功して欲しいね〜
核融合炉の実用化が待ち遠しい!温暖化も原発廃止も全てが実現化する可能性を秘めているのはやはり科学技術。デモや批判は何の役にも立たない。学生は市民活動なんかより勉強するのが理想への一番の近道
トリチウム(3重水素)はこわくない。
重水素を使った核融合で沸かすようです。続報が楽しみだ^^
( ´_ゝ`)トリチウムはどれぐらい排出されんだろう?
>核融合発電は、このエネルギーで加熱した水で、タービンを回して電気を作るイメージだ
火力でも核分裂でも核融合でも、結局そうなるんだよな。
JT-60SAとは全く関係ないけど、2015年あたりに話題になったロッキードマーティンの『画期的』な核融合炉はどうなったんだろ? /
人工太陽発電も実現の道が見えてきたのかな
ネルフとかもこんかんじの組織とか資金源なんやろな
「重水素」と「三重水素」を計1グラム用意して核融合させただけでも、石油約8トン分ものエネルギーが発生する。
ほー
現実がSFに近づいてきてるなぁ
ワクワクするぜ
核融合炉ってこんなところまで来てたのか!期待してるぞ!

しかも、原産で高騰してるヘリウムも作れるとかまさに夢の技術でしょ!
うおお、核融合炉の実験施設がもうすぐ完成するのか、これは期待が膨らむ。
これ、原発処理水の三重水素も再利用出来て超いいんじゃねーの??
事実上の人工太陽でお湯をわかして発電wwww

前半の超未来感と後半のいつもの現実感スゲぇwwwww
夢の核融合…いよいよか
ミノフスキー粒子でもあればもっと簡単なんだろうが
核融合の研究は「不可能な事を確認するためにやっている」という声もあるけど、さて…。
人工太陽みたいなものを作っても結局瞬間湯沸かし器にしか使えないの悲しいな
>重水素と三重水素は海水を通じて手に入り、枯渇の心配がない。

 どっかのタンクにいっぱいあるんじゃないの? 取り出せるんなら、この研究機関でやってもらおう。

//
核融合炉造ってるなんて知らなかったー!
わくわくするね
ええ!?
2020年完成なんですか!?
やったー!(まだ記事冒頭しか読んでない
これに多田先生が加わってるのかな?
せやで。 言うてフクシマの敷地内にドラム缶に入れてぎょうさん溜め込んであるんや。貯めとっても意味なくてな、海から取り出してもええんや。 >重水素と三重水素は海水を通じて手に入り、枯渇の心配が / “【クローズアップ科学】日本の新核融合炉、建設大詰…”
次世代エネルギーの本命、核融合炉の実験炉が来年完成する。

これはまだ理論の検証用で発電するにはいたらない。この後に続く何段階かの検証炉を経て今世紀半ばには実用化される見込み。

順調に開発が進んで30年後。これが普及するまでは50年はかかる。それまでどうする?
日本には核という単語にアレルギーを持つ人間が多いから、名称を早くプラズマ融合発電に切り替えて放射脳の認識に止まらないようにしよう
怖いけどワクワクするなぁ
こういうの
夢の核融合発電。こういうのを記事にしてくれるのも産経だけのような気がするが気のせいかな?朝日毎日東京なんて読む価値すらないので時間かけるのが惜しい<
この記事において、海水に含まれていると書いてある三重水素が、現在何かと話題のトリチウムです。
核熱式蒸気タービン発電機……つまり蒸気機関だな!(スチームパンク感を無理矢理出そうとする試み)
ついに核融合炉に飛び込んでみることができるようになるのか、、、
私が人類の未来が明るいと考える根拠君
忘れがちだけど発電の基本はどれもタービン回転なんだよな…水風光以外は全部蒸気駆動
核融合発電は、核融合エネルギーで加熱した水で、タービンを回して電気を作るイメージだ。

事実上の人口太陽まで来て相変わらずお湯を沸かしてタービンぶん回す事しかできない人類すき。
(´・∀・` )アラマァ
SFの世界にしかないかもってのがまた現実になった
中学の時の社会の先生がいつか核融合技術が世界のエネルギー問題を解決するって言ってたけど、それが現実になってきた。その技術において、日本が世界をリードしてるってもっとメディアは報じたほうが良い
日本もまだ捨てたもんじゃないな
それにこれは核融合だからウランや放射能の心配もないんじゃないの?

この手の分野詳しくないから知らないけど
欧米メジャーに潰されない様に祈る。
ひたすら祈る。
気が早いなぁ。実験装置ですよ
今年1月のニュースだけど、これなら反原発の方々も賛成してくれるかな?
なにしろ燃料は重水素だし。
《水素の仲間である「重水素」と「三重水素」を計1グラム用意して核融合させただけでも、石油約8トン分ものエネルギーが発生する》《重水素と三重水素は海水を通じて手に入り、枯渇の心配がない》

錬金術か!
すごいなこれ。SFの中にしか出てこなかった核融合炉が現実になろうとしてる。
「脱原発」が口癖のどこぞの党はこうした技術の進歩を理解しているのかね?
200秒間の連続運転を目指す“JT-60SA”2020年完成見込み
核融合発電は、現在の核分裂型の原子炉と比べると格段に安全性が高いと言われている。将来的には、原子炉は核融合炉に置き換えていくべきであろう。予算は充分に確保すべき
【超高温を封じ込める核融合炉】
2020年に完成し、2022年に本格稼働する見通し、無事に運転されることを切に望む。
あと20年もしないうちに日本や世界のエネルギー事情は相当変わっているだろうし、そうなれば各国の力関係も変わってくる。
#スーパーブラッドウルフムーン
頑張れ日本!
成功して欲しい♪
この分野で日本が世界をリードしていけるように、国がしっかりサポートしてやり遂げて欲しい。間違っても民間に丸投げはしないでもらいたい、絶対中韓を始めとした外国勢に乗っ取られるから。(´・ω・`)
2020完成か。いいね、ワクワクしてきた
※“基礎研究”用の実験炉です。商用どころか発電用ですらありません。

エネルギー問題解決へ.
#虎8
武田先生、核融合の可能性を教えて!
未来ずら

新核融合炉、建設大詰め
"戦後日本で核融合の研究を主導したのは、わが国初のノーベル賞受賞者である湯川秀樹博士だった。湯川博士は1957年、政府の原子力委員会が設置した核融合反応懇談会の初代会長に就任"
こういう時は三重水素って書くのね。福一で海洋投棄の話が出たときはトリチウムとしか書かなかったのに。

___
こんなの出来たらいいなー。でも左巻きが反対しそう。
コレ超高温を出す為に複数箇所からレーザー照射するんだろうけど…その為の電力がとんでもない量になる筈…更に連鎖融合を維持し続けるのは至難の業だったと…実験炉なのでそこら辺のデータ蓄積を主目的なのかな~
まじなんか? <>
5万キロワットの電力で重水素と三重水素を核融合させることで、約17万キロワットの発電量に相当する熱出力を目指す---抜粋
でも高圧蒸気でタービン回して発電する事に原発との違いはないんですよねw
この技術が完成すればエネルギー政策の大転換になります。
再エネの不確実性を心配せず安い電力が供給されれば消費者にも国にもメリットが高い事になります。
これって想定外な事故起こった場合なにが起こるんだろうもんじゅ以上に難しいんじゃないだろうか?
こういう研究の本当の効果は、石油、天然ガスといった資源市場に対して圧力やねん。資源価格が値上がりしたら、この研究を本格化させて買わないようにするよ。という意味で
量子科学技術研究開発機構が欧州と協力して建設しており、炉の本体は直径約12メートル、高さ約16メートル。建設費は630億円超で日本は3分の2程度を負担する。20年に完成し、22年に本格稼働する見通しだ。
産経なので良いとこ取りの記事であることに注意した上での話ですが、よくまとめられているので是非。
核分裂連鎖を利用した現在の軽水炉は制御棒と常時冷却が必要なのに対して、核融合炉は反応を起こさせるのが難しく、安全面でメリットが大きい。兵器利用の可能性も少ない。
ガノタ脳では→ヤッタァ太陽炉へ1歩前進だあ♪╰( º∀º )╯
となります🤗
核融合発電は“地上の太陽”ともいわれる。
実際に発電まで行う「原型炉」の建設へと続く。これは今世紀半ばとなる見通しだ。
中韓に、核融合技術は「キチ○イに刃物」である。
日本人なら産経を読もう!
新たな神話でしょ、結局湯沸かし器。
久々に良いニュース。
化石燃料からの卒業!
早く実現を!
” ”

宇宙へ進出するにあたっては、核融合テクノロジーが必要となってくると思います。
地球上で核融合発電を開始する場合、放射性物質のリスクがどの程度あるか、広く人々に認知させてほしいです。
我が国日本は湯川秀樹ノーベル賞受賞科学者を多数おりこの核融合では何が何でも世界に先駆けてゆきたい 政府は無駄な予算を切り崩しても開発支援を行うべし
「戦後日本で核融合の研究を主導したのは、わが国初のノーベル賞受賞者である湯川秀樹博士だった。湯川博士は1957年、政府の原子力委員会が設置した核融合反応懇談会の初代会長に就任するなど、研究の進展に尽力。その後、日本は着実に技術を蓄積してきた。」(記事より)
原発反対を叫ぶ方々、いま日本など世界で核融合発電が研究され実現に近づきつつあります。そしたらエネルギー問題は解決。あと数年かも
核融合反応は、太陽が光輝きエネルギーを放射している原理であり、核融合反応では、少量の燃料から膨大なエネルギーが発生する。日本は核融合のエネルギーを開発先進国である。
太陽光発電なんて要らないな
以上

記事本文: 【クローズアップ科学】日本の新核融合炉、建設大詰め エネルギー問題解決へ(1/3ページ) - 産経ニュース

いま話題の記事