TOP > 社会 > 【月刊正論1月号】植村隆、敗れたり 櫻井よしこを訴えた慰安婦訴訟 産経新聞論説委員兼編集委員 阿比留瑠比(1/2ページ) - 産経ニュース

【月刊正論1月号】植村隆、敗れたり 櫻井よしこを訴えた慰安婦訴訟 産経新聞論説委員兼編集委員 阿比留瑠比(1/2ページ) - 産経ニュース

23コメント 登録日時:2018-12-15 01:33 | 産経ニュースキャッシュ

※この記事は、月刊「正論1月号」から転載しました。ご購入はこちらへ。■朝日の作為と過誤を司法が認める新聞各紙の記事の扱いは、産経新聞を含めて社会面ベタ記事と小さ…...

Twitterのコメント(23)

朝日新聞のねつ造問題。
これなんでテレビで流さないの?
捏造報道は悪なんだわ 。
日本をレイプ国家にさせたA級戦犯 ⇒

自分の事を棚に上げて、「事実に基づいた取材を行うのが当然であり、一方的な発言の自由があるべきではない。根拠薄弱な言論が横行することは日本社会にとって非常に危険だ」と主張する厚顔無恥
産経は戦前戦中の日本が理想だから大本営発表をやりたくなるんだろ。 / “ 阿比留瑠比(1/2ページ) - 産経ニュース”
「(櫻井氏の記事で)摘示されている事実または意見ないし論評の前提とされている各事実は、真実であると証明されているか、事実の重要な部分を真実と信じるについて相当な理由がある」

植村氏の言い訳が見苦しい。人身売買の責任は犯行の当事者。国は誘拐を許していない。
要は、いくら正論で論破されても感情でゴリ押しするパヨクが問題。すべて感情で動く、まるで火病国家のまんま。
櫻井氏の全面勝訴であるこの判決に対して、櫻井氏は「裁判所の判断は証拠に基づく当然適切なものだ」とコメントした。
「捏造記事と言われて名誉が傷付けられた。」よく言えたもんだ。自分らの新聞社が過去にどれだけの事をしてきたか少しは自覚しろ。
『朝日新聞の一連の慰安婦報道の作為と過誤について、改めて司法が認めた』判決の意味は大きい!
@Sankei_news
社長が民事裁判を起こすという自爆により捏造記者の認知を受けてた。週刊金曜日は存続できるのか?
@syukan_kinyobi
"朝日新聞の一連の慰安婦報道の作為と過誤について、改めて司法が認めた"
@Sankei_news
慰安婦問題の根本的誤りは、日本国内での慰安婦募集、そして日本人慰安婦の存在にはだれも触れたがらないこと。当時の朝鮮は日本の統治下だったので日本の制度が当然のごとく朝鮮でも施行されていた。
>韓国での過去の新聞報道や論文など、櫻井氏が取材過程で参考にした資料は一定の信用性があるもので、植村氏の記事の公正さに疑問を持ったことには相当な理由があったと判断した。記事の公益を図る目的も認めたのである。
植村氏の記事に代表される朝日新聞の一連の記事が「根拠薄弱な言論」を横行させ、「性の暴力の被害者」を無理やり旧日本軍の暴虐であるかのようにすり替えて結びつけたことが、今日の事態につながっている。
植村氏の発言がまさにブーメランw

 阿比留瑠比(1/2ページ) - 産経ニュース
植村隆は直接取材せず金学順の証言テープを聞いただけでこれを取材源に20万人の数合わせのため慰安婦と女子挺身隊を意図的に混同し報道した。これが捏造でなくて何なのだ。
慰安婦論者の方々は、この人になんか言ってる?

>
日本に多大な損失を与えた捏造記者が敗れるのは当たり前で正義が守られたわけですが、逆に朝日とこの人に多額の賠償請求をしたいものです
この手のふざけた左巻きは
もう日本にいらないと思う、陰に隠れし本物の左巻き諸氏出番だと思う
植村隆の発言は「巨大なプーメラン』!
#慰安婦#朝日#植村
『もともと言論の場で議論すればいいことを司法の場に持ち出し、そこで負けたら司法のあり方を批判するという姿勢はいかがなものか。』
ミットモナイことこの上おまへんな、植村隆。言論で櫻井女史に負け、裁判で司法に負けをダメ押しされた挙句に見苦しい言い訳にもならん戯言をクドクドと垂れ流す。ミットモナイやっちゃ(嗤)
以上

記事本文: 【月刊正論1月号】植村隆、敗れたり 櫻井よしこを訴えた慰安婦訴訟 産経新聞論説委員兼編集委員 阿比留瑠比(1/2ページ) - 産経ニュース

関連記事