TOP > 社会 > 【経済インサイド】ついに1億画素も登場 ミラーレスカメラ 高級化でさらに競争激化 ニコン、キヤノンも参入(1/3ページ) - 産経ニュース

【経済インサイド】ついに1億画素も登場 ミラーレスカメラ 高級化でさらに競争激化 ニコン、キヤノンも参入(1/3ページ) - 産経ニュース

デジタルカメラ市場が低迷する中、好調なミラーレス一眼カメラで各社が高価格帯へシフトしている。ソニー、パナソニック、オリンパスに加えて、この分野で出遅れていた業界…...

ツイッターのコメント(13)

1億画素?!?!想像もつかない世界だよ…どんなにメイクであら隠しても映るじゃん怖い…
見出しは「画素数」で取ってるけど、デジカメの画質はやっぱりセンサーサイズの方がより重要で、記事本文の中でもそっちへの言及が多いんですよね。

でも、見出しがそうなるってことは、一般的な理解は画素数重視、ってことか。

うーん。
150万のミラーレス😱
車がギリギリ1台買える…
1億画素www

ついに1億画素も登場
一億画素
やべぇ
富士フイルムはやりすぎかんあるな、、、
安い中古車が買えるような値段のカメラが売り出される(^◇^;)💦
パナのミラーレスも気になります。。
カメラはミラーレスの時代到来。軽量化は良い事だ。
1億画素!!一度お目にかかりたい画素だ.
いいちおく… / “ ニコン、キヤノンも参入(1/3ページ) - 産経ニュース”
ついに1億画素も登場 ニコン、キヤノンも参入(産経新聞)



安いレンズでカバー出来るの2000万画素位までじゃないかな。
いまだに「1600万画素もあれば十分」という声も多いけれど、高画素を必要としないか、高画素を試したことのない人のセリフとしか思えない。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR