TOP > 社会 > 【政界徒然草】沖縄県知事選に総力挙げる公明党 4年前と異なる事情(1/4ページ) - 産経ニュース

【政界徒然草】沖縄県知事選に総力挙げる公明党 4年前と異なる事情(1/4ページ) - 産経ニュース

19コメント 登録日時:2018-09-25 05:43 | 産経ニュースキャッシュ

公明党が沖縄県知事選(30日投開票)に総力戦で挑んでいる。前回の平成26年の知事選では、公明党沖縄県本部が米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移転計画…...

Twitterのコメント(19)

数日前の記事だが、前回県知事選は自主投票した公明党が翁長県政の寝返りにあい、以降オール沖縄を目の敵にしている。これは市長選で革新候補を次々落とした力であり「翁長氏が残したもの」の1つだと。
4年前と異なる事情(産経新聞) -

>公明党の沖縄県での基礎票は約8万票といわれ、前回は8割以上が「基地反対」を訴える翁長氏に流れた

64000票がこっちにきて向こうが減ったら前回の10万票差逆転するけどそんなにはうまくいかないのかな
✨沖縄県知事選✨公明党幹部は「沖縄の公明党支持者は『基地反対』の気持ちが強い、私もそうだが…」と語りつつ自民・維新協力に総力挙げる公明党 #基地反対の心を貫きましょう #玉城デニーを沖縄県知事に
>公明党は4年前の名護市長選で辺野古への基地移設問題への深入りを避けて自主投票としたが、

戦犯だったか。
前回は辺野古移設に反対だった公明党がどういう風の吹き回しだ?

沖縄県知事選挙に総力上げてくれるのは大いに結構なんだけど、一体何を企んでいるのか???

政教分離と言いながらも、創価学会に何らかの思惑があるんじゃないか?と思ってしまうw
@「今回の知事選で公明党は佐喜真氏を全力で応援させていただく。沖縄が本来目指してきたものは分断や対立ではなく、対話や協調といった『和』の心で物事を前進させることだ。それに一番ふさわしい人が佐喜真氏だ」
《そもそも沖縄は、創価学会の池田大作名誉会長が昭和39年12月に小説『人間革命』を書き始めた場所であり、学会にとってゆかりのある地だ。創価学会関係者は「沖縄は学会にとっても、公明党にとっても譲れない場所だ」と話す。》沖縄は創価学会と公明党の“シマ”ってか⁉︎
勝たなきゃいけない選挙だけれど、学会員増えるのは嫌だなぁ・・・。
いいことだ。
「お付き合い」で投票しないで。

選挙戦術について公明党関係者は「まず国会議員を沖縄県にある4つの衆院選挙区に割り振り基礎票を固め議員秘書や党本部職員地方議員もそれぞれ担当地域が決められ学会員の友人らに支持を呼びかけるいわゆる『フレンド票(F票』を掘り起こす
うーん…栗秋さんの話きいとるからなんかなぁ…。
どちらにしろフレンズ票の掘り起こしかよ…
4年前と異なる事情創価学会関係者は「沖縄は学会にとっても、公明党にとっても譲れない場所だ」と話す(4/4ページ) - 産経ニュース
公明党がずいぶん注力してるな。
外野としては結果を見守るしかない。
公明党は自民党の完全なる別同部隊化を目指しているようだ。裏切られた気持ちを抱く支持者が少なくないのではないか。#立憲ボイス> 4年前と異なる事情(4/4ページ) - 産経ニュース
公明党は都知選や都議選で、自民党を裏切り共産党と共に小池知事や都民フアーストに着いた結果、衆議員選で全国全てで票が減った。二の舞を恐れた?

 4年前と異なる事情(4/4ページ) - 産経ニュース
ズルズルと安倍に引きずられて立党の精神から外れて行く山口公明党
今までは自由投票だった沖縄知事選今回は安倍の子分に成り下がる
なるほど…公明がキーになるのか…
c⌒っ゚д゚)っφ メモメモ...
あざとくも有田芳生議員らの玉城デニー支持派は創価学会員の切り崩しを企んでいるようだし、公明党はここで引き締めか。
以上

記事本文: 【政界徒然草】沖縄県知事選に総力挙げる公明党 4年前と異なる事情(1/4ページ) - 産経ニュース

関連記事