TOP > 科学・学問 > 「慰安婦性奴隷説」否定のラムザイヤー論文に韓国などが反発 「自由な研究」阻害するおそれ - 産経ニュース

「慰安婦性奴隷説」否定のラムザイヤー論文に韓国などが反発 「自由な研究」阻害するおそれ - 産経ニュース

20コメント 2021-05-06 18:54  産経ニュース

慰安婦問題を公娼制度の延長から分析した米ハーバード大のマーク・ラムザイヤー教授の論文をめぐり、「性奴隷説」を否定した内容だとして激しい非難活動が国際社会を舞台に…

ツイッターのコメント(20)

ラムザイヤー教授の論文、もう読みましたか?
慰安婦問題を公娼制度から分析したラムザイヤー教授論文シンポジウム(4月24日)で

高橋洋一氏
「文句があるなら反論を書けばいい。威圧して取り下げろというやり方はない」と主張

論文への非難活動が国際的に展開される中、これに参加した高橋氏が標的になった説があるとか
高橋洋一さんの発言は、まったくの正論なんですけどね。まあKとかLeftは場外乱闘が好きですから・・・たまにはリングに上がって闘ってみせてよね。
「慰安婦性奴隷説」否定のラム
「令和になっても●会権カは、異端審問やるらしい」

ザイヤー論文に韓国などが反発
高橋洋一さんが狙われた理由。

慰安婦の強制性を否定したハーバード大教授のラムザイヤー氏を「反論があれば論文を書けばいい」と擁護して、論文なんて書けない左翼が激怒。
韓国側は政官民揃って言論封殺しようとしているからね。
ヤーね、野蛮な人たち笑
氏は「誠実な研究を行うには、どんなに政治的に不都合な論文であっても発表できる事が基礎だ」
「学問の自由を無視して、暗殺未遂みたいな行為を誇りに思っているとしか思えない」
娼婦を性奴隷とする言い分の間違いは既成事実。
日本の学者、有識者もラムザイヤー氏の支持者が多い。
韓国が恐れるのは英文による論文が世界に拡散されることだ。
反発への猛烈さだって。そりゃ
性奴隷の嘘が暴かれたらお金にならなくなるから必死よね。
この記事の学者も言ってるけど圧力で論文を否定するのではなく反論の論文を発表するべき
論文に対して論文で反論せずに、マスコミを使って葬り去ろうとする朝鮮人たち。
まさに、言論の封殺だ。この狡猾さを忘れてはいけない。
都合が悪くなるとすぐに威圧等をしてくる韓国や中国
「慰安婦性奴隷説」否定のラムザイヤー論文 ■そりゃ慰安婦が娼婦だったと認定されたら、日本に「金返せ」言われるし、世界中から笑われるし、娼婦に金稼ぎさせてたと朝鮮男が叩かれる。日本に寄生し続けるためには性奴隷で通さねばならない。恥ずかしいねぇ。
韓国の団体が容赦のない脅しをかけているらしい
このやり方は民主主義や言論の自由に反する行為だ
おそらく反日団体のバックには北の工作員がかなり紛れていると思った方が良い
だから、韓国は民主主義国家ではないのです。民主主義とは意見は意見として、証拠を出して反論すべき!
慰安婦問題を公娼制度の延長から分析した米ハーバード大のマーク・ラムザイヤー教授の論文をめぐり、性奴隷説を否定した内容だとして激しい非難活動が国際社会を舞台に展開。日本の知識人は「自由な研究を阻害しかねない」として強く警戒、氏も参加したシンポジウムで共有
自由の履き違え💢
(産経新聞)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR