TOP > 政治・経済 > 高齢者ワクチン接種は4月以降にずれ込み 河野担当相、知事会に説明 - 産経ニュース

高齢者ワクチン接種は4月以降にずれ込み 河野担当相、知事会に説明 - 産経ニュース

10コメント 2021-01-27 22:19  産経ニュース

河野太郎ワクチン担当相は27日夜、全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)らとテレビ会議形式で会談し、新型コロナウイルスのワクチンを高齢者に接種する時期について、…

ツイッターのコメント(10)

期待持たせの適当なスケジュールでなく正確なものを国民は求めている。河野大臣主導で良かった。
ただワクチン承認はこれから。
スケジュールより安全が大事でスケジュールに合わせた承認だけは止めてほしい。

高齢者接種は4月以降にずれ込み
4月以降!?😳

ちなみにイスラエルでは60歳以上の人々の7割超が接種を済ませた。
高齢者でもいつになるか分からんな。一般の人がうてるのは来年やな。こんなんでオリンピックなんて出来るの?
政府広報紙も、「事実」は捻じ曲げられず 4/1以降
*政府は当初、高齢者向け接種を、3月下旬以降と説明していた

河野太郎ワクチン担当相 1/27夜、全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)らとテレビ会議形式で会談
高齢者に接種する時期について、早くても4月1日以降と
高齢者の医療の確保に関する法律では65歳から
高年齢者雇用安定法における定義では55歳から

ワクチン接種は医療関係だから65歳以上?
製薬会社の自国優先は仕方ない。ただ、他の2社の国内承認を「通常プロセス」でやろうという呑気さには呆れてものが言えない。供給も他国に比べて後回しにされる。終息期に向かって経済に大打撃だ。
2021/1/27記事。>
高齢者ワクチン接種4月以降ずれ込み 河野太郎担当相、知事会に説明
遅れるのか。
もうつまづいたか。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR