TOP > 社会 > 消費税「重要性で一致」 国民幹部、立民と共有 - 産経ニュース

消費税「重要性で一致」 国民幹部、立民と共有 - 産経ニュース

33コメント 2020-08-20 21:53  産経ニュース

国民民主党の泉健太政調会長は20日、会派の政策責任者会合で、自身と立憲民主党の逢坂誠二政調会長による合流新党の綱領作成協議を通じ、消費税が重要な政策課題だとの認…

ツイッターのコメント(33)

とお茶を濁してくる可能性があるので要注意ですね。
@LiberalismStu 国民も立憲も合流新党は消費税制では一致だと、産経新聞まで書いている。
逆に、原発推進派や消費増税派の民社協会の議員が玉木新党に増えたら、玉木雄一郎さんだけが浮いてしまう。
産経の見出し、「合流新党は消費税は重要で一致(減税はない)」みたいな感じでミスリードを誘うけど

記事本文では

「非常に国民の関心が高い、重要な案件であると一致した」

という内容
>消費税が重要な政策課題
↑重要課題は分かったが、方向としては合流新党はどうするのか?。
まあ、未だに消費税減税or廃止を掲げる気概も覚悟も皆無な時点で、答えは明らかと言えるのかも知れないがね。
消費税は重要なので、
減税させる気は毛頭ないのですね。国民と立憲の幹部
さん
今後徹底的に批判します💢😠💢
立憲民主党、国民民主党幹部と消費税は「重要性で一致」
けれども消費税減税をするとは一言も言ってないって所なんだろう。
国民泉氏、立民逢坂氏と共有

「消費税問題は非常に国民の関心が高い、重要な案件であると一致した」と述べた。消費税減税で一致できなかったなどとして、不参加を表明した国民の玉木雄一郎代表に理解を求めた形だ。

粘るね〜玉木さんも耳を傾けて
大切なのはその方向性だろw 重要性で一致するのは当たり前。重要でないと認識してるなら問題外だ <
今回は時間が足りなかったのかもしれないけど、まだそんなレベル???
玉木さんはこの党に絶対行くべきではない。かいごろしにされる。そんな党です。
期待するだけ無駄だなぁ。
>消費税が重要な政策課題だとの認識を共有
>「非常に国民の関心が高い、重要な案件であると一致」

『消費税の議論はする…だが減税するとは言ってない…つまり我々がその気になれば5年後の増税を提言するということも可能だろうということ…!!』のパターンでしょどうせ
取り敢えずこの辺りがスタート点だろう。何れにしろ現行の消費税には問題点が多い>
消費税「重要性で一致」という玉虫色の日本語で誤魔化そうとしても、玉木代表の行動で立憲も元国民民主もどちら側なのかハッキリしている
増税か減税かを言わずに重要性で一致って意味有るんかいな?
>消費税が重要な政策課題だとの認識を共有したと明らかにした。「非常に国民の関心が高い、重要な案件であると一致した」と述べた。
永田町文学

「非常に国民の関心が高い、重要な案件であると一致した」と述べた。
@QiKxITgxonq1GeT 骨が有るのは、残留派です。
玉木さんを除け者にして綱領を勝手に決めて、合流新党参加しないの分かってから、ヤバいと思ってから綱領変えるとか腐り過ぎ。
もうしつこい!そんなに玉木新党が怖いの?自民党と連携されたら悔しいとか?いい加減にして。覆水盆に返らず。
政調さんs、決まったこと対し後出しジャンケンでゴチャゴチャ動くのは、遺恨を更に深める“民進しぐさ”だぞ…
どれだけ色々な視点からみていい風に捉えようと努力しても国民の敵。
ここで消費税減税を打ち出せないとは・・・
寄せ集まっても、カスはカスか・・・
綱領を気にするなは少々稚拙。
「消費税の重要性で一致」と「消費税減税で一致」ってだいぶ意味違うと思うんですけどw

> (泉健太政調会長は)消費税減税で一致できなかったなどとして、不参加を表明した国民の玉木雄一郎代表に理解を求めた形だ。
全く方向性がわからない合意だ。意味があるのか。
この言い回しはさすがに国民を愚弄しすぎ。消費税議論が「重要」なことはわかりきっていて、問題はそれをどうやったら下げられるか、いくらまで・いつまで下げられるかということ。こんな玉虫色の表現で数だけ増やそうとする政党に、国民が期待感を持てるはずもない。
「消費税減税」とは明記できないが、重要な案件とは認識してるから玉木さんも合流してよ…ってことか。
それで納得できるわけないだろう。
「消費税が重要な案件であると一致した」って消費税をどうしたいのかしっかり示せてないのがダメなんじゃないかね?
??→「非常に国民の関心が高い、重要な案件であると一致した」

▼ - 産経ニュース
泉健太政調会長は20日、会派の政策責任者会合で、自身と立憲民主党の逢坂誠二政調会長による合流新党の綱領作成協議を通じ、消費税が重要な政策課題だとの認識を共有した、と>
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR